スポンサーリンク

オデッセイHVが好調

ホンダが2月5日に追加発売したオデッセイハイブリッドが好調な滑り出しを見せています。月販目標をシリーズ全体で2000台に設定したのに対して、1ヶ月後の受注台数は、その4.5倍にあたる9000台に達しました。2月の登録台数は3410台で、フリードの3294台より多い台数。このうちハイブリッド車は2/3弱の2112台を占めました。

今回のオデッセイHVはアコードに搭載している2Lエンジン+2モーターのユニットを移植。標準と上級仕立てのアブソルートがありますが、首都圏では大部分がアブソルートの安全パッケージである「ホンダセンシング」仕様で占められます。同クラスのライバルモデルではトヨタのエスティマが存在しますが、2月の登録実績だけを比較すると、3倍以上もオデッセイがリードしています。エスティマは6月6月6日にビックマイナーチェンジしますが、以降両モデルの販売競争の行方がどうなるか注目です。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

オデッセイハイブリッドホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました