今年中にデビューするSUV6台

2018年にデビューするSUV6台をご紹介

7月登場

新型ジムニー

伝統を取り入れたレトロ&モダンな角ばったスタイルに、初代以来のラダーフレームを組み合わせている。

4WDシステムはローレンジ付きの新世代電子制御式4WD、「オールグリッププロ4×4」を採用する本格派。

エンジンはR06A型の658cc直3DOHC(52ps/6.4kgm)とR06A型658cc直3ターボに2.2ps/4.1kgmのモーターを組み合わせた、S-エネチャージを採用したマイルドハイブリッドの2種類。

ジムニーシエラは2019年

軽自動車ジムニーの小型車版がシエラだ。

シエラはジムニーよりも少し遅れて19年春頃に登場。

ラダーフレームやリジットサスペンション、4WDシステムは継承。

エンジンは1.2LマイルドHVを搭載。

8月登場

新型CR-V

95年にデビューしたCR-Vはいったん4代目モデルが16年3月で販売が終了したものの、海外では昨年にフルモデルチェンジされており、その5代目が今年8月に日本にも導入される。

ボディサイズは全長4590x全幅1850x全高1680mmとCX-5とほぼ同等で、3列7人乗り車も設定される。

搭載されるエンジンは1.5L直噴ターボとマイナーチェンジ版ステップワゴンなどにも搭載される2モーター式の2Lのスポーツハイブリッドi-MMDで、これに4WDを組み合わせる。

10月登場

新型ジューク

今年10月に登場する新型ジュークはルノー、日産グループ共通のBプラットフォーム、CMFの進化版を採用。

そのプラットフォームに発電用の1.2L直3エンジンにモーターを組み合わせたe-POWERを搭載。

さらに現行同様、1.6L直噴ターボのNISMOが追加される。

11月登場

レクサスUX

レクサスのエントリーSUVが今年3月のジュネーブショーで発表されたUX。

ボディサイズは全長4495x全幅1840x全高1520mmというコンパクトSUVで、CH-Rよりも135mm長く、全幅が45mmワイドで全高が30mm低い。

搭載されるのは新開発の2Lガソリンエンジンと2Lハイブリッドで、ガソリンエンジンがFF、ハイブリッドがE-Four。

価格はベース車が400万円前後から、Fスポーツが450万円前後からと予想。

12月登場

C-HR GRスポーツ

17年9月に一気に11車種にGRモデルを展開したが、大ヒット中のC-HRにもGRスポーツを今年12月頃にラインアップする予定。

ボディ補強や大径ホイール、専用チューニングのサスペンションに加え、アグレッシブなデザインのエクステリアパーツやスポーティなインテリアも装備する。

ビーゴ後継車

昨年の東京モーターショーに出展していたDN-TRECがビーゴ後継車となって今年12月にデビュー予定。

プラットフォームはTNGAのダイハツ版、DNGAを採用し、1Lターボの他、1.2Lエンジンベースのハイブリッドを用意。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加