ホンダN-VANは5月下旬に繰り上げ発売か?

ホンダの新型商用車N-VANは、当初今夏の8月頃に発売を予定していましたが、5月下旬に繰り上げて投入する見通しであることがわかりました。

4月には販売店のホンダカーズ向け商品説明会を実施する予定です。

N-VANは現行型N-BOXのプラットフォームを使い、ボディタイプは標準ルーフとハイルーフの2タイプ設定。

助手席側ドアの開口部をピラーレスにして、嵩物の出し入れがしやすく、便利なことがウリになります。

エンジンは660ccのNAエンジンのみで、2WD、4WDを設定します。

なお、N-VANはバモス、バモスホビオ、アクティバンの後継となるモデルです。

バモスなどはキャップオーバータイプのレイアウトですが、N-VANはFF2BOXであるN-BOXのプラットフォームなので、多少室内が狭くなるのがデメリットです。

また、商用バンのアクティバンには乗用キャップオーバーワゴンのバモスがありますが、N-VANに乗用ワゴンは当面ありません。

乗用ワゴンがないのはN-BOXとの競合を避ける狙いのようですが、助手席側ドアのセンターピラーレス開口部がウリの一つであれば、乗用ワゴンがあってもおかしくありません。

したがって、今後投入が期待できるかもしれません。

ホンダ開発関係者の話によると、「助手席側センターピラーレスが好評であれば、乗用ワゴン版の設定も検討したい」とのことです。

ただし、これをN-VANに設定するのか、N-BOXの派生モデルになるのかは明らかになっていません。

  • 今年夏頃のデビューが予定されていたN-VANは、5月下旬に登場が早まりそう。
    ベースはN-BOXだが、助手席ドア開口部がピラーレスになるのが特徴。
【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加