スタッドレスタイヤ最新版 おすすめ 各社一覧

冬になればスタッドレスタイヤ。

生活に必要なら当然だし、スキー、スノボーなどで遊びに行くにも必須ですよね。

ということで、今回はスタッドレスタイヤの最新版についてご紹介です。

ブリジストン

ブリザックVRX2

親水性コーティングにより更に吸水性が進化した「アクティブ発泡ゴム」が氷上面の水膜を徹底的に除去し、高いアイスグリップを発揮することで氷上ブレーキ10%短縮。

新開発された非対称パターンによりトレッド剛性を高め雪上性能、ドライ路性能も高める。

ライフ性能が22%向上している。

サイズラインナップ:135/80R12-245/40R20(全109サイズ)

ブリザックDM-V2

VRXの技術を投入したSUV用スタッドレスタイヤ。

氷上の水膜を効果的に吸収する「アクティブ発泡ゴム」が高い氷上グリップを発揮。

特徴的なトレッドパターンは、溝の交差ポイントを増やすことで雪面をより強く踏み固めることが可能となり、高いグリップを発揮する。

ウェット性能も高い。

サイズラインナップ:175/80R15-275/40R20(全38サイズ)

横浜ゴム

アイスガード6

トレッドゴムに配合された「新マイクロ吸水バルーン」が氷上の水膜を吸収。

さらに「エボ吸水ホワイトゲル」が吸水力を引き上げる。

また、低温下でのトレッドゴムの柔軟性を維持するシリカの均一分散化に成功し、より高い密着性で氷上グリップを高める。

オレンジオイル配合で経年劣化も抑制。

サイズラインナップ:135/80R12-275/35R19(全110サイズ)

アイスガードSUV G075

「エボ吸水ホワイトゲル」と「新マイクロ吸水バルーン」を配合したトレッドゴムが氷上の水膜を効果的に除去。

SUVの特性に合わせた幅広センターリブ、トレッド剛性を高めるトリプルピラミッドサイプなどにより雪上性能、ドライ路性能も高い。

従来品に対し転がり抵抗5%低減している。

サイズラインナップ:175/80R15-285/45R22(全62サイズ)

ダンロップ

WINTER MAXX 02

氷上の低温下でもトレッドゴムの柔軟性を維持する「超密着ナノフィットゴム」が特徴。

シリカの分散特性を高める新開発ポリマーを配合し、氷上のミクロレベルの微細な凹凸にトレッドゴムが柔軟に密着することで水爆を押し出す。

この性能を長期間維持するのが「液状ファルネセンゴム」である。

サイズラインナップ:135/80R13-285/35R19(全123サイズ)

WINTER MAXX SJ8

従来は「グラントレック」ブランドだったSUV用スタッドレスタイヤだが、最新のSJ8は「ナノフィットゴム」などWINTER MAXXの技術を投入して一新された。

グラントレックSJ7に対し氷上ブレーキ性能を11%アップするとともにライフ性能も7%向上しているのがポイント。

高速走行安定性も高める。

サイズラインナップ:175/80R15-275/50R21(全38サイズ)

トーヨータイヤ

オブザーブガリットGIZ

氷上に浮く水膜を、トレッドゴムに配合された親水性のある「NEO吸水カーボニックセル」が効果的に除去。

またアイスバーンの微細な凹凸に柔軟に追従し、しっかりと密着するしなやかなゴムは配合されたナノゲルの効果による。

さらにトーヨータイヤ独自の鬼クルミ殻の引っかき効果も発揮。

サイズラインナップ:135/80R13-225/45R18(全60サイズ)

オブザーブ GSi-5

重量が重く、また重心が高いSUVの特性に合わせて専用設計された高剛性構造のスタッドレスタイヤ。

乗用車用スタッドレスタイヤがアイス性能に特化していく傾向なのに対し、このGSi-5は雪上での轍対応や、エッジ効果を高めた360°サイプなどでトータル性能を高めているのがポイント。

サイズラインナップ:195/80R15-225/55R18(全22サイズ)

ウィンタートランパスTX

トランパスの名が示すようにミニバンなどのハイト系車両の特性にマッチさせたスタッドレスタイヤ。

基本的なゴム技術はガリットGIZ同様「NEO吸水カーボニックセル」だが、これをイン側のみ配し、アウト側はドライ性能を高める「吸水カーボニックパウダー」を配合。

高い走行安定性を実現している。

サイズラインナップ:155/65R14-235/55R19(全36サイズ)

ファルケン

ESPIA W-ACE

ESPIAシリーズとしては11年ぶりのフルモデルチェンジで今シーズン投入された新商品。

特徴的なV字形トレッドパターンは「ラッセルパターン」と命名される。

このパターンによりサイプが縦横斜めと様々な方向に作用し、エッジ効果がトラクション、ブレーキ、コーナリングなど全方向で氷上&雪上グリップを高めるのだ。

サイズラインナップ:145/80R13-245/40R19(全38サイズ)

ユーロウィンターHS449

「ユーロウィンターHS449」はスタッドレスタイヤではなくオールシーズンタイヤ。

速度レンジ「H」となっており、ドライ高速道路でのカッチリとした操舵感や高いウエット性能を実感する。

もちろんM+Sタイヤなので冬季の冬タイヤ規制にも適合。

雪上性能は一般的なスタッドレスタイヤと同等だ。

サイズラインナップ:175/70R14-225/45R18(全21サイズ)

ミシュラン

X-ICE3+

トレッドデザインは従来のX-ICE XI3を踏襲しながら、新開発「Mチップ」を配合したトレッドゴムを採用する。

この「Mチップ」はゴム内部にある時は空洞のない高密度ゴムで、トレッド表面に現れると溶けて穴を生成。

これが吸水効果を発揮し、氷上の水膜を吸水して高いグリップを生み出すのだ。

サイズラインナップ:185/65R15-225/50R19(全37サイズ)

ラティチュードX-ICE XI2

ミシュランスタッドレスタイヤのSUV向けが「ラティチュードX-ICE XI2」である。

トレッド面の「クロスZサイプ」が路面をワイドに捉えるとともに、Z状の溝が氷上面とタイヤの間の水膜を効果的に除去。

ブロックの倒れこみを抑制するサイプ内部形状を採用することで接地面積を常に確保する。

サイズラインナップ:215/70R15-275/45R20(全19サイズ)

コンチネンタル

バイキング・コンタクト7

コンチネンタルが投入する最新スタッドレスタイヤが「バイキング・コンタクト7」。

主溝を持たない特徴的なトレンドデザインを採用しているが、これがトレッド面の水やシャーベット状の雪を効果的に排出。

機能化ポリマーの作用によりシリカが効率的に分散配合され、低温下でも高いグリップを発揮する。

サイズラインナップ:175/65R14-255/35R20(全60サイズ)

グッドイヤー

アイスナビ7

昨シーズン投入されたアイスナビシリーズの最新モデル。

従来品に対し氷上ブレーキ性能7%向上させるとともに、氷上コーナリング性能もアップ。

技術的にはシリカの分散性を高める新ポリマーの配合と、エッジ成分を高めたサイプ形状を採用。

またブロック内部構造の見直しで剛性が高まった。

サイズラインナップ:145/80R13-245/45R19(全69サイズ)

アイスナビSUV

車重が重たいSUVの特性に合わせ、高剛性構造を採用する専用スタッドレスタイヤ。

シリカの分散性と結合性を高めるアクアフィラー配合のトレッドゴムが氷上にしっかりと密着。

ブロック剛性を高め、走行安定性を高めるとともにブレーキング時などの高負荷時の接地性も高めグリップを確保する。

サイズラインナップ:175/80R15-275/50R21(全36サイズ)

ベクター4シーズンズ

サイズラインナップを大幅に拡大し、コンパクトカーからミッドサイズサルーンなど多くの準備に対応するようになったオールシーズンタイヤ。

ほとんどのサイズで速度レンジ「H」で高速性能の高さをアピール。

高いウェット性能で雨天でも安心。

突然の降雪にも余裕をもって対応できる「M+S」タイヤだ。

サイズラインナップ:145/80R13-225/40R18(全44サイズ)

アシュアランス ウェザーレディ

オールシーズンタイヤのラインナップを拡大するグッドイヤーがSUVに向けて今シーズン投入したのが「アシュアランス ウェザーレディ」。

ベクター4シーズンズ同様、M+S表記に加え、欧州での冬用タイヤの認証「スノーフレークマーク」も獲得。

ドライ高速道路から雪道まで幅広く対応する。

サイズラインナップ:215/65R16-235/55R20(全13サイズ)

ピレリ

アイスアシンメトリコPlus

日本を含めたアジア・パシフィック向けの開発されたノルディックタイプのスタッドレスタイヤの新商品。

シリカを増量するなど新配合トレッドゴムを採用。

またトレンドデザインでは3Dサイプの採用によりブロックの倒れこみを抑制。

エッジポケットが雪上性能を高めるなど、トータル性能を高めている。

サイズラインナップ:175/65R14-225/45R18(全15サイズ)

スコーピオンICE&SNOW

ハイパワーSUV向けて開発されたスタッドレスタイヤ。

速度レンジはHよりもさらに高速向けのVなどとなっており、アイス性能に特化させた国内メーカーのスタッドレスタイヤと比べると北米向けのオールシーズンや欧州向けのスノータイヤと言った性格が色濃い。

ドライでの高速性能にも強い。

サイズラインナップ:255/55R18-235/30R21(全10サイズ)

冬に後悔しないように良いスタッドレスタイヤを選んで下さいね!

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加