スポンサーリンク

ウエット性能で選ぶおすすめタイヤ3選

ウェット性能は2種類ある。ひとつめのウエット性能は、ウエットグリップ性能。単純に路面を捉えるゴムの力が強いタイヤ。もう一つは排水性。耐ハイドロプレーニング性能の優れたタイヤのこと。こちらは、ほぼ溝面積で性能が決まると言っても過言ではない。

おすすめのタイヤは、ウェットグリップ、排水性共に抜群と言える性能を誇るコンチネンタルのスポーツコンタクト6。ウェット路面をまるでドライ路面のように走れる。そのくらい路面からの手応えに曖昧さがなくしっかりしている。これは最新モデルスポーツコンタクト6だけでなく5Pも優れている。

それからミシュランのパイロットスポーツ4。このタイヤも、ウェットグリップと排水性に優れている。ドライ路面からウェット路面へ入った時の状態の変化の少なさに驚かされる。

もう一つはトーヨータイヤのミニバン専用タイヤ、トランパスML。ウェットグリップは突出していないが排水性に優れ、耐ハイドロプレーニング性能は優秀。ミニバン専用タイヤとして、とてもまっとうに基本性能を抑えている点を評価したい。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

タイヤ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました