アウディ A3 e-tron 痛快な走りが楽しめるアウディ初の量産PHV!

アウディが開発を進めている次世代パワートレインには三つのtronテクノロジーがある。燃料電池車のh-tron、天然ガス車のg-tron、そして同社が現時点で最も理想的なパワートレインとしているのがPHVのe-tronだ。このe-tronを搭載したアウディ初の量産PHVがA3スポーツバックe-tronである。

PHVシステムは1.4L直4ターボ(150ps/25.5kgm)に109ps/33.7kgmの電気モーターを組み合わせている。これをエンジンとモーターの駆動を制御する遮断クラッチ付きのデュアルクラッチの6速Sトロニックを介してFFで駆動する。スタートボタンをして試乗開始。起動時は走行モードが自動的にEVモードになっており、モーターやコントロールユニットの音もほとんどせず、驚くほど静かにスムーズに加速していく。EVモードでの最高速度130km/hは残念ながら試せなかったが、EV独特のトルク感で高速道路での流れに合わせて俊敏に走ることができる。

走行モードはEVボタンにより、モーターのみで走行できる「EVモード」、一般的なハイブリッド走行行う「ハイブリッドオート」、充電量を維持しながら走行する「ハイブリッドホールド」、積極的にバッテリーを充電して走行する「ハイブリッドチャージ」という4種類の走行モードを選択できる。

一般的なハイブリッド走行のハイブリッドオートでも発進はEVとなるが、速度域が上がってくるとエンジンとモーター両方の駆動となり、ひとたびアクセルを強く踏むと左側のパワーメーターがブースト領域に入り、そのトルク感たるや2、3L級。しかもSモードにするとアクセルレスポンスやギフトプログラムがすばやくなり、モーターが積極的に介入してくるので痛快そのもの。回生ブレーキもDレンジとは違って、Gがかかって積極的に電気を貯めているのがわかる。

もちろん、エンジンとモーターの制御は秀逸で、アクセルを緩めた時などはクラッチを切って燃費重視の惰性走行を行う。同じPHVシステムを使うゴルフGTEはGTEモードという飛び道具があり、強烈なキャラクターを持つが、audiらしい作りの良さ、質感の高さに加えスポーツ走行が出来る隠れた実力を持っているので、むしろGTEよりこちらの方が幅広く受け入れられるかもしれない。

アウディ A3スポーツバック e-tron 主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4330☓1785☓1465
ホイールベース(mm) 2635
エンジン 直4DOHCターボ、1394cc
エンジン最高出力(ps/rpm) 150/5000-6000
エンジン最大トルク(Nm(kgm)/rpm 25.5/1500-3500
モーター最高出力(ps)/
最大トルク(kgm)
109/33.7
JC08モード燃費(km/L) 23.3
価格 564万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加