ただいま人気絶好調 オススメSUV 220万円~280万円

まだまだ人気のSUV。ボーナスで購入という人も多いはず。ここでは人気のSUVの中から価格220万円~280万円の車種をご紹介。値引きの目安も!

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

TOYOTA RAV4 221万1429~242万7429円

クロスオーバーSUVブームの火付け役で、初代モデルは94年に登場した。現行モデルは3代目だ。北米市場に軸足を置き、ワイドボディを採用した。2.4L4気筒エンジンにCVTを組み合わせている。アクティブトルクコントロール4WDのほか、FFの2WDを設定。デビューから10年なので走りの実力や快適性能は今一歩。海外では既に4代目に移行しており、去就が気になるところだ。

●人気グレード:STYLE/89%
●価格:242万7429円
●サイズ:4335☓1815☓1685mm
●値引き:31万円

日産エクストレイル 231万3360~301万1040円

三代目はラギッド感あふれるスタイルから都会に似合デザインに生まれ変わった。また、5人乗り仕様に加え、3列シートの7人乗り仕様も誕生している。FF方式の2WDとフルタイム4WDを設定し、エンジンは2L4気筒直噴DOHCが主役。現在は1モーター2クラッチのハイブリッド車が仲間に加わっている。衝突回避支援システムのエマージェンシーブレーキを選ぶことも可能だ。

●人気グレード:20X ハイブリッドエマージェンシーブレーキP 4WD/25.7%
●価格:280万4760円
●エンジン:2.0/2.0L HV 2WD/4WD
●サイズ:4640☓1820☓1715mm
●値引き:22万円

マツダ CX-5 244万6200~343万8400円

マツダのクロスオーバーSUV世界戦略車で、SKYACTIVテクノロジーをフルに使った最初の作品でもある2Lと2.5Lの4気筒ガソリンエンジンのほか、画期的な2.2Lのクリーンディーゼルを設定した。4Lクラスの分厚いトルクを低回転から発生し、加速も冴えている。ミッションは電子制御6速ATだ。前輪駆動の2WDとフルタイム4WDがあり、どちらも軽快な走りを披露する。

●人気グレード:XD L Package/35.0%
●価格:326万1600円(2WD)
●エンジン:2.0/2.5/2.2DT 2WD/4WD
●サイズ:4540☓1840☓1705mm
●値引き:26万円

ホンダ CR-V 257万1429~336万3248円

RAV4とともにブームに火をつけたクロスオーバーSUVで、現行モデルは四代目。アキュラRDXと同じプラットホームはキャリーオーバーだが、走り味は格段に良くなった。2WDは扱いやすい2Lの4気筒、オンデマンド式のフルタイム4WDは余裕ある2.4Lエンジンを積んでいる。4WDはCVTではなく5速ATだ。キャビンとラゲッジルームは広く、快適性も高いレベルにある。

●人気グレード:20G/60.9%
●価格:257万1429円(2WD)
●エンジン:2.0/2.4 2WD/4WD
●サイズ:4535☓1820☓1685mm
●値引き:28万円

スバルXV 225万7200円~286万2000円

インプレッサスポーツから生まれた軽快なハンドリングのSUVだ。エクステリアはフェンダーモールや200mmの最低地上高などによってタフさ表現している。エンジンは2Lの水平対向4気筒DOHCに加え、モーターアシストのハイブリッド車が登場した。10月に内外装の化粧直しをおこなっている。走りの楽しさや快適性に磨きをかけるとともに、自慢の安全装備も一段と充実。

●人気グレード:2.0i-Lアイサイト/49.5%
●価格:259万2000円
●エンジン:2.0/2.0HV 2WD/4WD
●サイズ:4450☓1780☓1550mm
●値引き:24万円

マツダCX-3 237万6000~302万4000円

CX-5の弟分で、基本的なメカはデミオのものを譲り受けている。注目はパワーユニットだ。1.5Lの4気筒直噴ディーゼルターボを搭載し、ミッションは6速ATと6速MTを用意。FF方式の2WDと電子制御のフルタイム4WDがあり、4WDは応答レスポンスが鋭く、滑りやすい路面でもコントローラブルだ。ただし、最低地上高は意外に低いので過信しないほうがいい。静粛性も高い。

●人気グレード:XD Touring/63.1%
●価格:259万2000円(2WD)
●エンジン:1.5DT 2WD/4WD
●サイズ:5275☓1765☓1550mm
●値引き:18万円

三菱アウトランダー 251万9640~459万円

三菱の技術力を結集して送り出したクロスオーバー4WDだ。現行モデルは2代目で、5人乗りに加え、7人乗り仕様を設定する。FF方式の2WDと電子制御のフルタイム4WDを揃え、主役の4WDモデルは悪路の走破性能も非凡だ。パワーユニットは2WDが2L、4WDは2.4Lの4気筒を搭載。6月にマイナーチェンジを断行した。価格帯は張るがツインモーター採用のPHEVもあり、おすすめだ。

●人気グレード:G ナビパッケージ(PHEV)/53%
●価格:423万3600円
●サイズ:4695☓1800☓1710mm
●値引き:10万円(PHEV)

トヨタハリアー 279万7714~459万1963円

世界中で人気となっているプレミアムSUVの先駆車。現行モデルは三代目で日本専用モデルとして開発された。エクステリア、インテリアともに目を引くデザインを採用。特にインテリアは、個性的な内装色やブルーのイルミネーションなど見ごたえがある。エンジンは2Lの4気筒と2.5Lエンジンにモーターのハイブリッド車を設定。上の価格帯になるが、ハイブリッド車は鋭い瞬発力が魅力だ。

●人気グレード:エレガンス/35%
●価格:288万円(2WD)
●エンジン:2.0/2.5HV 2WD/4WD
●サイズ:4720☓1835☓1690mm
●値引き:24万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加