スズキvsダイハツは長期的にはスズキが優位?

国内四輪販売戦線でスズキvsダイハツは長期的に見ればスズキが断然優位な図式となっています。軽自動車に絞ってみてもしかりです。ダイハツは親会社であるトヨタとの住み分けに配慮しなければならないので、軽自動車に限定する必要があります。商品戦略的&技術的にもしかりです。これに対してスズキはしばりが無いので、登録者の展開も自由で技術開発でも軽自動車と小型社の交流も自由になっています。

【広告】


コンパクトクラスはダイハツの場合、トヨタのOEM供給が基本であり、自社ブランドの量販はほとんど不可能となっています。2016年の展開ではスズキは軽自動車がワゴンR、コンパクトカーはスイフトの両主軸モデルの世代交代が予想されます。ダイハツの新型車投入予定は軽自動車についてはミライース、コンパクトカーはブーンの世代交代ですが、このうちブーンはトヨタへOEMとして供給する「パッソ」の姉妹車でブランドパワーの格差でブーンの量販は不可能な状況にあります。

低燃費技術に関しては、スズキは次期型ワゴンRでS-エネチャージを進化させ、マイルドハイブリッド強力なウリとする方針にあるようです。新型スイフトはマイルドハイブリッドにプラスしてEV走行が可能なストロングハイブリッドを導入するでしょう。また近い将来には第3の量販小型車を投入、年間10万台体制の確立をめざしています。

これに対してダイハツはトヨタとの関係から「ハイブリッド」の名称を使えない恐れがあり、こうなると低燃費技術でもスズキに大きな遅れをとる可能性があります。こうしたことから、スズキが俄然有利との見方ができます。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加