スポンサーリンク

ダイハツ4月中旬にウェイクを一部改良、バンを新設定

ダイハツはこの4月上旬にもウェイクを一部改良すると同時に、新たに4ナンバーの商用車、バンを設定して発売します。一部改良は安全パックの「スマートアシストⅡ」装備車の追加などで商品ラインアップを強化します。

バンはウェイクの室内の広さを活かし、業務用としての活用範囲を広げるのが狙いです。こちらにも安全パックが設定されます。

ウェイクはトヨタに「ピクシスメガ」としてOEM供給していて、同モデルも同様の内容で一部改良すると同時にバンも設定するものと思われます。ウェイクは需要一巡で販売が頭打ち傾向にあり、今回の一部改良やバンの設定でどこまで回復できるか注目されます。また商用車系のアトレーワゴン/ハイゼットカーゴはモデル変更せずに継続販売する見込みです。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ダイハツモデルチェンジ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました