スポンサーリンク

VWクロスup! VS スズキハスラー

カジュアルな雰囲気と強い存在感を放つ2車の対決は、ジャッジが難しい。どちらも魅了たっぷりでどちらを選んでも満足度が高いからだ。軽自動車のハスラーはキュートなデザインだけで欲しくなるスモールサイズのクロスオーバーカーである。4万円ほど高くなるが、ルーフをホワイトにした2トーンも選択可能だ。

ハスラー売れてますね~。CMもよく見るし。安く買うとして値引きは11万円くらいでしょうか。それでもし、買い替えるなら下取りより売却がお得ですよ。今の愛車を無料一括査定サイトで売却すれば高く売れるハズ!詳細はこちら。

>>あなたの愛車は今いくら?<<
 ↑
浮いたお金でオプションなんかどうですか?

100万円台でどっちを買う?

フォルクスワーゲンの末っ子、up!に加わったクロスup!も兄貴分のポロと同じようにSUVテイストを強めたデザインをまとって登場した。ホイールハウスエクステンションやインチアップしたアルミホイールとタイヤ、シルバーのドアミラーとルーフレールなどによってベース車よりはるかに存在感と押し出しが強くなっている。

レッドのボディカラーを採用したクロスup!は、インパネを赤く塗り、シートも鮮やかだ。そしてハスラーに差をつけるのが本革ステアリングやフォグランプ、アルミホイールなどを標準装備としたことである。タイヤも185/50R16とした。赤外線レーザーをもちいたシティエマージェンシーブレーキば同様の衝突軽減ブレーキをハスラーも採用している。これは横滑り防止装置についても言えることだが、機能的な装備と安全装備の充実度はクロスup!が1歩上を行く。

エンジンはどちらも3気筒だが、ハスラーは660cc、クロスup!は1000ccだ。ハスラーはターボを用意しているし、ミッションもCVTと5速MTを設定した。クロスup!は2ペダル5速MTのASDで最新モデルは滑らかさを増したが、好き嫌いが分かれる。実用燃費はハスラーに肉薄するが、プレミアムガソリンが指定だ。ハスラーを大きく引き離すのがフットワークである。ワインディングロードはもちろん、高速道路を使ってのロングドライブも難なくこなす。シートの座り心地もいい。タウンユース主体の使い方ならハスラーだが、ファーストカーとしての実力はクロスup!が上だ。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

VWスズキハスラー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました