スポンサーリンク

ただいま人気絶好調 オススメミニバン 220万円~259万円

記事内に広告が含まれています。

ミニバンのこの価格帯は、ノア/ヴォクシー/エスクァイア、セレナ、ステップワゴンが激しいシェア争いを演じ、月間2万台以上のビッグマーケットを形成する。このほかはモデルが古くなり、縮小傾向にある。

このクラス、トヨタが好調で日産、ホンダが苦戦している感じですね。だからこそ値引きも大きいし、ボーナスも出るから買い替えよう、という人もいるでしょう。

それから、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格なんですが、今の愛車を無料一括査定サイトを使って売却することを検討してはいかがでしょうか。少なくとも価格確認はした方がいいんじゃないかなと。特に愛車が7年落ち以上だったら、ディーラー査定額はゼロですから、相当損することになりますので。

それで、お勧めは、データを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。目安が分かれば交渉もやりやすいし、これでディーラー下取りよりも30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!


概略価格がスグわかる→
>>かんたん車査定ガイド<<

 

すべての車種で値引きが拡大傾向

ホンダのジェイドは今年2月中旬に発売したばかりの新型車だが、人気は今一つの状況であり、月販1000台以下にとどまっている。ステップワゴンは4月下旬にフルモデルチェンジしたが、思ったより売れ行きが盛り上がらず、同クラストップセラーの座をヴォクシーに奪われている。

値引きは全般的に拡大傾向にある。5車種の人気ボックス型は軒並み30万円突破で、来年中盤に世代交代するセレナは35万円以上に拡大している。ステップワゴンは本来であれば、一新後1年も満たない新型であるから、15万円引き近辺が限度になるはずだが、25万円以上に拡大している。ビアンテ、デリカD:5、NV350キャラバンはモデルが古いのと、人気頭打ちであり、値引きで勝負の状態になっている。35万円以上は普通で、まだ上乗せの余力がある。従って全ての車種で値引きが大きく、「買い」と言える。

トヨタヴォクシー/ノア/エスクァイア 224万2285~320万4000円

2Lのノーマルエンジンと1.8Lのハイブリッド搭載する背の高いミニバン。エスクァイアは内外装が上質で装備も充実するが、基本的にはヴォクシー/ノアの姉妹車だ。三姉妹の登録台数を合計するとアクアと同等かそれ以上で最多販売車種に位置付けられる。フラットフロア構造のミニバンながら床が引く、乗降性と居住性が良好。特に3列目は5ナンバーサイズのミニバンでは最も快適だ。

●人気グレード:ヴォクシーZS煌/61%
●価格:272万4686円(2WD/8人)
●エンジン:2.0/2.0HV 2WD/4WD
●サイズ:4695☓1695☓1825mm
●値引き:27万円

ホンダステップワゴン 228万8000~308万1400円

背の高い5ナンバーミニバンの主力車種。2世代前のプラットフォームだが、床が低く乗降性が優れ車内が広い。3列目は座面奥行きが1列目よりも80mm短く、座り心地に違和感を伴うが、床下に格納すると広い荷室になる。縦開きのリアゲートには横開きの小さなサブドアを内蔵。狭い場所で開閉できて乗り降りも可能だ。エンジンは1.5Lターボを搭載。燃費が優れ、動力性能は2.2Lクラス。

●人気グレード:スパーダ/34%
●価格:272万5000円(2WD)
●エンジン:1.5ターボ 2WD/4WD
●サイズ:4690☓1695☓1840mm
●値引き:24万円

三菱デリカD:5 239万7600~404万6760円

3ナンバーサイズの背の高いミニバンで4WDに特徴がある。プラットフォームや4WDシステムの基本部分はアウトランダーと共通だから、210mmの最低地上高と相まって悪路の走破力がとても高い。また全長が4800mm以下のミニバンでは車内が最も広く、特に3列目はライバル車に比べて快適。高い床による乗降性の不満もあるが、クリーンディーゼルの搭載を含めて今でも選ぶ価値がある。

●人気グレード:D-パワーパッケージ/72%
●価格:351万7560円
●エンジン:2.0/2.4/2.3DT 2WD/4WD
●サイズ:4730☓1795☓1870mm
●値引き:32万円

日産NV350キャラバン 250万5600~329万7240円

ワゴンボックスバンがベースだから、ワゴンは4列のシートを備えたマイクロバス的な仕様だ。エルグランドのような多彩なシートアレンジは備わらないが、エンジンを前席の下に搭載するから空間効率は抜群に高い。定員の10名が乗車しても窮屈ではない。エンジンは2.5Lのガソリンが基本で、ワイドボディの14人乗りでは2.5Lのクリーンディーゼルも選べる。ワンボックスだが走行性能に不満はない。

●人気グレード:DX(2WD)/50%
●価格:250万5600円
●:エンジン:2.5 2WD/4WD
●サイズ:4695☓1695☓1990mm
●値引き:31万円

日産セレナ 224万6400~301万6440円

5ナンバーサイズを基本とした背の高いミニバンの視力車種。3列目は床と座面の感覚が不足気味で膝が少し持ち上がるが、頭上と足元は広い。多人数で乗車して長距離を移動できる。2列目の中央部分を1列目の間までスライドさせ、収納設備として使えるなどシートアレンジも多彩だ。時速80km以下で緊急自動ブレーキが作動する安全装備の用意され、高い実用性と相まって販売は堅調だ。

●人気グレード:ハイウェイスターⅦ+セーフティ(2WD)/51.2%
●価格:279万9360円(2WD)
●エンジン:2.0/2.0HV 2WD/4WD
●サイズ:4685☓1695☓1865mm
●値引き:34万円

マツダビアンテ 234万3600~291万600円

背の高いワイドナ3ナンバーサイズのボディに2Lエンジンを搭載。6速ATによるダイレクトな運転感覚が特徴で、走行安定性もいい。プラットホームの制約で前席の床を持ちあげられず、車内に段差ができたがシートアレンジは個性的。3列目の座面を持ち上げて2列めを交代させるとスライドドアから車内中央に自転車などを積める。20C-SKYACTIVは電動スライドドアを備えて割安だ。

●人気グレード:GRANZ-SKYACTIV/48.3%
●価格:217万3000円
●エンジン:2.0 2WD/4WD
●サイズ:4715☓1770☓1835mm
●値引き:33万円

トヨタプリウスα 247万9091~338万4327円

現行プリウスがベースのワゴン仕様でホイールベースが80mm長い。2列シート仕様と併せて、荷室に小さな3列目を加えた7人乗りも用意する。片道30分程度の移動であれば大人の多人数乗車も可能だ。たためば広い荷室になる。新型プリウスが荷室を拡大して、α2列仕様を選ぶ価値が薄れたが、多人数で乗車できる3列仕様のメリットは健在。インパネなどの内装は新型プリウスより上質。

●人気グレード:s/45%
●価格:282万78618円(7人)
●エンジン:1.8HV 2WD
●サイズ:4545☓1775☓1575mm
●値引き:21万円

ホンダジェイド 253万~292万円

ストリームの後継車種だが、全幅のワイドな3ナンバー車で、全高は立体駐車場を使える1530mmに抑えた。外観はワゴンや5ドアハッチバックに近い。3列目は補助席で、2列目は固定式アームレストが備わるセパレートタイプだが、座面の奥行きが短い。その半面、低重心で走行安定性がすぐれ、エンジンは1.5Lのハイブリッドターボを用意する。走りが重視され先進的な安全装備も装着できる。

●人気グレード:ハイブリッドX/63.9%
●価格:292万円
●エンジン:1.5ターボ/1.5HV 2WD
●サイズ:4650☓175☓1530mm
●値引き:26万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ミニバン
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました