スポンサーリンク

日本カーオブザイヤー決定 受賞はマツダロードスター

記事内に広告が含まれています。

12月7日、日本カーオブザイヤーが決定しました。受賞はマツダロードスター。おめでとうございます。順位は以下のとおり。

1位ロードスター(マツダ)442点
2位S660(本田技研工業)401点
3位2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー(ビー・エム・ダブリュー)177点
4位XE(ジャガー・ランドローバー・ジャパン)149点
5位モデルS P85D(テスラモーターズジャパン)110点
6位アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン(スズキ)75点
7位シエンタ(トヨタ自動車)70点
8位500X(FCAジャパン)51点
9位レガシィ アウトバック/レガシィ B4(富士重工業)20点
10位エクストレイル ハイブリッド(日産自動車)5点

ホンダS660との激闘だった、ということです。

 

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

 

その他の賞は以下のとおり。

◯インポートカーオブザイヤー:2シリーズ アクティブ ツアラー/グラン ツアラー(ビー・エム・ダブリュー)

◯イノベーション部門賞:モデルS P85D(テスラモーターズジャパン)

◯スモールモビリティ部門賞:アルト/アルト ターボRS/アルト ラパン(スズキ)

◯特別賞:株式会社ヤナセ、トヨタ自動車株式会社「MIRAI」

 

おめでとうございます。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トピック
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました