スポンサーリンク

新型プリウスのJC08モード燃費

記事内に広告が含まれています。

ハイブリッドシステムは直4、1.8Lの2ZR-FXEエンジンにモーターを組み合わせるものだが、インバーターやモーターの小型軽量化に加え2ZR-FXEを改良。クールドEGRの流入量アップや吸気ボード形状変更によって熱効率40%と世界最高レベルを達成し、燃費向上を実現。

ここで、新型プリウスに買い換える時のお得情報です!
カービューというサイトを知ってますか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
驚きの買い取り価格が、なんとディーラー下取価格の30万アップもありとか?
古い車ほどお得です。オプションひとつ増やせますよ!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

新型プリウスFFモデルはEがなんと燃費40.0km/L!

さらにエンジン出力は現行の99psから新型は98psに、モーター出力も82psから72psへと落としている。より効率的な走りを求めてのデチューンと言えるのかもしれない。もちろんTNGAプラットフォームの採用は軽量化を生み、ボディが大きくなったにもかかわらず10kg増にどどめ、燃費が向上したことは言うまでもない。

結果としてFFモデルはEが40.0km/L、他グレードは37.0km/Lを記録。37.0km/Lはあのアクアと同じだ。更に4WDはE-Four採用によって重量増を70kgに抑えたことでJC08モードは35.0km/Lとなった。この数字はFFのわずか2.0km/L落ちと言うから恐れ入る。ハイブリッドセダンの4WDのラインアップはクラウンやスカイラインなど高級車にかぎられてきただけに大きなニュースだ。最も燃費のいいハイブリッド4WDとして北海道はじめ雪国での大ヒットは間違いないところだ。

●新型プリウスのJC08モード燃費

○Eのみ装備の簡素化と燃料タンクの小型化で軽量化し40.0km/Lを達成
○最量販のSグレードをはじめ、他のFFはすべて37.0km/L(アクアと同じ)
○E-Four採用の4WDを初めて採用し、こちらは全車35.0km/Lとなる。
○現行プリウスはLのみ32.6km/L、ほかは30.4km/L

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トヨタプリウス
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました