スポンサーリンク

ここがすごいデュアルカメラブレーキサポート

記事内に広告が含まれています。

最近のスズキで最も注目なのが、スペーシアにオプション設定されたデュアルカメラブレーキサポート。その名の通り、2つのカメラを用いたステレオカメラ方式を採用し、軽自動車で唯一歩行者との衝突回避・衝突被害の軽減のサポートを実現したほか、対象が車であれば約5~50km/h未満で自動ブレーキが作動。障害物に近づくとまずはブザーで警報、その後は弱いブレーキを自動で作動させ注意を促す。この状態でドライバーがブレーキを踏むと、車側がブレーキアシストを働かせて、強い制度を行う。もしブレーキ操作が行われない場合は、自動ブレーキが作動する。また、ステレオカメラとなったことで、道路の白線も認識することが可能となり、車線逸脱警報機能も装備。さらに車両のふらつき警報や、先行者発信お知らせ機能も付いた。スペーシアの場合、7万5600円(税込)とリーズナブルな価格で装着できることも、大きな魅力となっている。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スズキ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました