スポンサーリンク

117クーペやスープラは日本に何台残っているのか?

記事内に広告が含まれています。

残念ながら生産終了になってしまった、旧車と呼ばれる貴重な車達。人は数が少なくなったと知ると、より愛着を感じて、少しでも永らえようとするものだが、車の本質は床の間の飾り、博物館で展示されることではなく、ナンバーをつけて走ること。ということで、現在も走れる旧車と、旧車予備軍の登録車は何台あるのか?スポーツカーの残存台数を追った!

●多い車種では8割減少!絶版スポーツの残存台数が判明!
ほとんどのスポーツカーが生産終了となった06年から昨年までの間に、いったいどれほどの車が消えていき、現在どれだけ残存しているのか?答えは下表になる。なんと、上位3台はマツダ社が独占!その減少率は約8割と他の車と比較して、飛び抜けて多い結果となり、06年時点では上位にいた、いすゞベレット追い越してしまった。6位にユーノスコスモも入っていて、このままだとワースト4がマツダ車となる日も遠くないのではと思わせる状況だ。

それに対してピアッツァ/PAネロを除き減少率が低いのがいすゞだ。ベレル/ベレットの減少率は7.6%と今回調査した車種の中で最小となっていて、生産を終了してから42年が経った車とは思えぬ好成績だ。117クーペも18.8%と低い。この要因をいすゞ車のメンテナンスなどを得意とする「ISUZU SPORTS」(東京都)に聞いてみたところ、「60~70年代の車は、現在の複雑にセンサーで電子制御された車とは違い、最低限のメカで動いているので、手を尽くせば直すことができるんです。オーナーもその車の価値をわかっているので、乗り続けようという意志も強いです」と語ってくれた。旧車と付き合うのは、覚悟が必要ということだ。

【絶版スポーツカー残存台数ワーストランキング】

 

順位
通称名
台数
減少率(%)
2014年 2006年
1位 マツダMX-6 241台 1449台 83.4
2位 マツダAZ-3 638台 3083台 79.3
3位 マツダユーノスプレッソ 889台 4918台 81.9
4位 いすゞベレル/ベレット 938台 1015台 7.6
5位 いすゞピアッツァ/PAネロ 1102台 2204台 50.0
6位 マツダユーノスコスモ 1273台 3350台 62.0
7位 スバルレオーネ 1423台 4618台 69.2
8位 スバルアシオーネ(含むSVX) 1539台 4363台 64.7
9位 トヨタセラ 1631台 4147台 60.7
10位 いすゞ117クーペ 2139台 2635台 18.8
11位 三菱FTO 2715台 12163台 77.7
12位 三菱ギャラン・シグマ/ラムダ 3131台 4771台 34.4
13位 三菱GTO 3465台 9183台 62.3
14位 ホンダCR-X 4719台 12419台 62.0
15位 ホンダNSX 6064台 6568台 7.7
16位 トヨタスープラ 13565台 34224台 60.4
17位 日産シルビア 13666台 48955台 72.1
18位 日産180SX 17557台 42148台 58.3
19位 ホンダS2000(※2009年まで製造) 18079台 15963台 +13.3
20位 トヨタMR2/MR-S 26180台 43459台 39.8
21位 マツダRX-7(含むサバンナ) 31728台 57233台 44.6
22位 トヨタセリカ 37458台 97017台 61.4
23位 日産スカイラインGT-R 38263台 42908台 10.8
24位 トヨタアルテッツァ 47869台 83902台 42.9

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

いすゞスポーツカーマツダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました