2017年3月までにフルモデルチェンジするクルマ

現行税制の期限と言える17年3月までにフルモデルチェンジする車は14台。今後、月に一台以上の車がフルモデルチェンジする計算だ。その中には今でも人気の高い車が多数存在している。セレナ、インプレッサ、ワゴンRなどはその筆頭だろう。

現在も人気の高いモデルが続々フルモデルチェンジ予定。買うなら今年中に決断をしたい。

14車種の中から、税制改革前に車を買うか否かを考えるなら、今でも人気が高く、車そのものの出来がいいかどうかがポイント。得てしてそういう車は売れているので、15年11月販売台数を見てみよう。

その中で数的に普通乗用車の中で最も売れているのはカローラ軍団で、フィルダー、ハイブリッドなどを合わせるとその数、8330台。その次に販売台数が多いのはセレナで3802台。そしてセレナの次にパッソが続き3425台となっている。

第4位はインプレッサで、スポーツ、G4、ハイブリッドを合わせると、その数2881台。しかも驚くのはインプレッサスポーツの前年同月比は、何と189.1%。11月単月のデータで見ると、前年同月比の伸び率はナンバーワンだ(G4もすごくて前年同月比153.3%)。

その他の車の前年同月比の伸びを見ると、フリードも100%を超えて105.5%。フリードは初代モデルが登場したのが08年なので、7年目にしても前年同月比を越えている。

今年中にはこれら売れているモデルも販売力が落ちてくるかもしれないが、この人気の高さでフルモデルチェンジするのは、後続モデルに現在の人気の勢いをそのまま継がせるというマーケティング的な戦略も実はある。

人気落ちてからではイメージを作るのには広告宣伝費に多大なお金がかかるし、販売店からも今のイメージを引き継いだ方が売りやすいという要望もあるという。

以上ははっきり言って現行モデルを買っても決して損した、と思わないベストバイモデルといえるだろう。しかもモデル末期と言える車たちなので値引きも期待できるはずだ。

一方、軽自動車の中では今もダントツに売れているのがワゴンR。11月の販売台数は前年同月比43%と言いながらも6969台。お次はミライースで5352台だ。こちらは前年同月比72.2%。これらも細かいところまでよくできている現行モデルを買っても損のない車といえる。それに燃費も現行モデルの35.2km/Lであれば実用上十分だろう。

逆に販売台数が低迷している車は、それゆえに商品できな魅力に欠ける車だ。今現行モデルを買うよりも新型を見てから判断した方がいいかもしれない(もちろんその場合税金が高くなります)。この14台の中で人気低迷の筆頭は11月にたった23台しか売れていなかったi-MiEV、そしてプリウスPHVの50台と続くが、これらははっきり言ってよほどの理由がない限り、今手を出さないほうがいい車といえる。

以上、17年3月までにフルモデルチェンジする車の現在の販売状況をチェックしたが、特に現在エコカー減税で恩恵を受けている車は、新税制の導入で減税がどうなるかを計算して購入計画を練るのが賢い方法と言えるだろう。ちなみに取得税の減税は17年の3月31日まで、重量税の減税は17年4月30日の新車登録届け出分までである。

【広告】


2017年3月までにフルモデルチェンジする14台

●トヨタパッソ:2016年4月
2015年11月販売台数/3425台、前年同月比/90.5%

●トヨタカローラ(アクシオ、フィールダーHV含む):2017年2月
2015年11月販売台数/8330台、前年同月比/105.5%(平均値)

●トヨタオーリス:2017年2月
2015年11月販売台数/563台、前年同月比/90.7%

●トヨタプリウスPHV:2016年10月
2015年11月販売台数/50台、前年同月比/7.4%

●レクサスCT200h:2017年1月
2015年11月販売台数/400台、前年同月比/72.6%

●日産セレナ:2016年7月
2015年11月販売台数/3802台、前年同月比/82.5%

●ホンダフリード(HV含む):2016年9月
2015年11月販売台数/2213台、前年同月比/87.3%(平均値)

●ホンダバモス:2017年1月
2015年11月販売台数/300台、前年同月比/95.5%

●三菱i-MiEV:2017年1月
2015年11月販売台数/23台、前年同月比/25.0%

●ダイハツミライース:2016年10月
2015年11月販売台数/5352台、前年同月比/72.2%

●ダイハツミラココア:2016年11月
2015年11月販売台数/987台、前年同月比/34.7%

●スバルインプレッサ(HV含む):2016年11月
2015年11月販売台数2881台、前年同月比/171.2%

●スズキスイフト:2017年2月
2015年11月販売台数/1385台、前年同月比/63.6%

●スズキワゴンR:2016年9月
2015年11月販売台数/6969台、前年同期比/43.0%

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加