2018年~2019年にフルモデルチェンジするクルマたち

18~19年のモデルチェンジスケジュールはどうなっているか。ここまで先の話になると「予想」の度合いが増してくるのはいなめないがリストアップしてみた。

18年はエスティマ、マーチ、Z、マークX、クラウンなど、伝統あるビッグネームモデルのモデルチェンジが目立つ。また、現行型を長く引っ張ってからのモデルチェンジも多く、18年だとエスティマは12年ぶり、マーチは8年ぶり、Zは10年ぶりの一新といった具合だ。

この頃になるとハイブリッドがさらに増えており、現在以上に「当たり前」のものとなっているはず。また、エンジンは発電専用として駆動は電気のみというシリーズハイブリッドも増えているはずで、車の電動化が相当進んでいると思われる。

一方でZやWRX STIなどスポーツカーはまだまだガソリンエンジンが主役で、Zは3L、WRX STIは2Lのターボエンジンを搭載すると言われている。

19年も大物が控える。人気のノア/ヴォクシー系がモデルチェンジするのはこの年だし、デミオもSKYACTIVの進化版、バージョン2を搭載してデビューするとの情報。また、GT-Rが次期モデルに切り替わるのも19年という説が有力。新開発のターボハイブリッドを引っさげて、新たな境地を切り開く。

【広告】


2018~19年にフルモデルチェンジが予想される車リスト

  • 三菱デリカD:5(2018年1月)
  • トヨタエスティマ(2018年5月)
  • ホンダアコードハイブリッド(2018年6月)
  • トヨタポルテ/スペイド(2018年7月)
  • 日産マーチ(2018年7月)
  • 日産フーガ(2018年7月)
  • 日産フェアレディZ(2018年8月)
  • スバルWRX STI(2018年8月)
  • ホンダフィット(2018年9月)
  • レクサスHS250h(2018年9月)
  • トヨタマークX(2018年10月)
  • トヨタSAI(2018年10月)
  • マツダアクセラ(2018年10月)
  • トヨタクラウン(2018年12月)
  • ダイハツムーヴ(2018年12月)
  • ホンダN-WGN(2018年12月)
  • トヨタヴィッツ(2019年)
  • トヨタノア/ヴォクシー/エスクァイア(2019年)
  • トヨタハリアー(2019年)
  • トヨタクラウンマジェスタ(2019年)
  • レクサスIS(2019年)
  • 日産GT-R(2019年)
  • 日産デイズ(2019年)
  • ホンダヴェゼル(2019年)
  • ホンダオデッセイ(2019年)
  • スバルレヴォーグ(2019年)
  • スバルレガシィ(2019年)
  • マツダデミオ(2019年)
  • 三菱eKワゴン(2019年)
  • スズキアルト(2019年)
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加