マツダ CX-3 一部改良

見た目は不変、中身は激変!NEW CX-3は上質な走りに深化!

新型の登場からわずか10ヶ月。昨年12月24日に早くもCX-3の一部改良モデルが登場。既存ユーザーの恨み節が聞こえてきそうな気もするが、これも真摯に車を煮詰めている一つの証。

主な改良点は以下のとおり。

  • エンジンのトルク応答を綿密にコントロールする「DE精密加給制御」
  • 前後ダンパーの内部構造とフロントスタビライザーの構造改良
  • 電動パワステの制御を改良
  • ナチュラル・サウンド・スムーザーを全車標準装備化
  • 最上級グレードにブラックレザー内装仕様を追加

外観は一切変わっていないが、エンジンの制御や足回り、そして内装には上級グレードにブラックレザーシート追加するなど、きめ細やかな改良がほどこされているのだという。

今回は、首都高速と一般道双方を通るルートで、改良後の新型と旧型を同時に試乗。行きと帰りの同じ区間で、2つのモデルを走らせたのだが、新旧の違いにびっくり。

CX-3に搭載される1.5Lのエンジンディーゼルエンジンは、従来から実用域でのトルクもたっぷりあったのだが、最大トルクの発生回転1600~2500回転となっていて、実はこれよりさらに低い回転域で10~20kmで走行中といった状況からアクセルを踏み込むと、加速の物足りなさを感じる面もあった。

が、新型は一味違う。アクセル操作に対して、よりリニアにトルク応答を制御する「DE精密過給制御」を行ったなんて説明を受けなくても、あきらかに感じるほど加速の出足が鋭い。

さらに高速走行時は、リアのばたつきも抑えられ、足はしなやかに変貌。聞けば「ダンバー内を流れるオイル量の特性を見直しました」ということで、前後方向の入力を抑え、ピッチング量は約20%も低減したのだという。見た目は変わらないが中身はハッキリ進歩していた。

CX-3 XDツーリングLパッケージ

全長☓全幅☓全高(mm) 4275☓1765☓1550
ホイールベース(mm) 2570
車重(kg) 1300kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
1498cc
最高出力(ps/rpm) 105/4000
最大トルク(kgm/rpm) 27.5/1600~2500
トランスミッション 6MT
JC08モード燃費(km/L) 23.4
価格 302万4000円
エコカー減税(取得/重量) 免税/免税

★クリーンディーゼル補助金は最大16万円

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加