デミオ、CX-3 G-ベクタリングコントロール標準装備 10月14日発表

デミオマイナーチェンジで魅力向上

G-ベクタリング コントロール&アダプティブLEDヘッドライト採用

2014年9月のデビューから2年目でマイナーチェンジを受けたデミオはアクセラと同等の装備と質感を備え、コンパクトクラスの概念を打ち破る存在を目指す。

デミオがマイナーチェンジを受け、アクセラに採用の「G-ベクタリングコントロール」や「アダプティブLEDヘッドライト」を追加し、フロントグリルやフォグランプなどエクステリアも変更した。

同じく10月14日に一部改良を受けたCX-3と同様、G-ベクタリングコントロールを全車に標準装備させ、アダプティブLEDヘッドライト、「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」「スマート・ブレーキサポート」「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」の設定グレードを導入し、アクセラと同等の装備と質感を目指した。

内外装では、アレイ方式のアダプティブLEDヘッドライトに左右各11パッケージ(アクセラは左右4パッケージ)のLED連続配置とし、最適な配光パターンを実現した他、白革内装のカラーをオフホワイトからピュアホワイトに変更し、コーディネートも一新している。

【広告】


デミオXDツーリングLパッケージ(FF/6AT)主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4060☓1695☓1525
ホイールベース(mm) 2570
車重(kg) 1130
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
排気量(cc) 1498
最高出力(ps/rpm) 105/4000
最大トルク(kgm/rpm) 25.5/1500-2500
JC08モード燃費(km/L) 26.4
エコカー減税 免税
価格 201万9600円

CX-3がG-ベクタリングコントロールなど新たに採用で魅力アップ

コンパクトクロスオーバーSUV、CX-3が昨年12月に続いて商品改良を受けた。今回は、すでにアクセラやアテンザに導入されている「G-ベクタリングコントロール」が新たに全車標準採用されたことに加え、サスや電動パワステのチューニングで操縦安定性と乗り心地を向上。

また。「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」を装備し、従来からの「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と相まって心地いいエンジンサウンドを残しながら、不快音の抑制を実現している。

さらに、安全運転サポートの「交通標識認識システム」(TSR)、夜間視認性を高める「アダプティブ・LED・ヘッドライト」を採用したほか、衝突被害軽減ブレーキ「アドバンストスマート・シティ・ブレーキ・サポート」を大幅に進化させて全車に標準装備。

ボディカラーには、アテンザなどに採用された新色の「マシーングレープレミアムメタリック」など3色を追加設定した他、LEDヘッドライトと18インチアルミホイールをXDにも設定。

改良と同時に登場した特別仕様車「XD Noble Brown」は、ナッパレザーとグランリュクスを採用した専用本格シートと高輝度ダーク塗装アルミを採用した。

【広告】


CX-3 XD Noble Brown(FF/6AT)主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4275☓1765☓1550
ホイールベース(mm) 2570
車重(kg) 1340
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
排気量(cc) 1498
最高出力(ps/rpm) 105/4000
最大トルク(kgm/rpm) 27.5/1600-2500
JC08モード燃費(km/L) 23.0
エコカー減税 免税
価格 284万400円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加