新型シエンタ 受注累計5万台突破

7月9日に発表発売した新型シエンタが引き続き絶好調の販売推移となっています。当初の計画では月販7000台で7~9月の3ヶ月間で3万台程度の受注を見込んでいましたが、実際には8月末で5万台を突破、9月末までには6万5千台程度と当初計画の倍のペースで売れそうな見通し。

ところで、愛車をあっというほど安く買い替えるために
カービューというサイトをしってますか?

このサイトで今のお車をぜひ査定してみて!
驚きの買い取り価格が、なんと相場の30万アップもありとか?
カーナビがワンランクアップ出来ますよ!

>>あなたの愛車は今いくら?<<

シエンタ供給が追いつかない?

現在、月産1万台以上に増産していますが、それでも供給が追い付かず、8月下旬時点での納期は4ヶ月後の12月中旬以降となっています。9月に入ると来年にずれ込む可能性が強いです。初期受注の半分以上は新設定のハイブリッド車で占められています。

首都圏での系列店別の受注実績は、ネッツ店が最も多く、ついでカローラ店、トヨタ店、トヨペット店の順。本来であればこれまで専売だったカローラ店が従来シエンタユーザーを最も多く保有していることから、代替母体が大きくトップの受注を確保すると予想されていましたが、発売後の滑り出しはそうなっていません。ネッツ店は販売拠点が最も多く営業マンを数多くかかえ、早くからティザーキャンペーンを立ち上げていたのが効果を上げている理由だと思われます。

ヴィッツをはじめ、アクア、プリウス、bB、iQ、イストなど新型シエンタに近いユーザー層を数多く抱え、これが代替のベースになっているためと思われます。いずれにしてもトータルの受注ピッチは依然加速状態であり、生産が追いつけばアクアやプリウスを抜き、登録ベースでもトップセラーに浮上する可能性もあります。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加