スポンサーリンク

PHVのホットハッチ ゴルフGTE見参!

記事内に広告が含まれています。

価格は499万円 CEV補助金は38万円!
150psの1.4L直4ターボに109psのモーター!

Cセグメントのベンチマークとして長年君臨するVWゴルフ。そのパワートレーンにプラグインハイブリッドが加わった。搭載されるガソリンエンジンは1.4L直4直噴ターボで、最高出力は150ps。そこに80kW/109psのモーターを合わせて得られるシステム出力は204psと相当にパワフルだ。与えられた「GTE」の車名は単にEV走行モードをそなえるハイブリッドというだけではなく、その動力性能がホットハッチ級であることを「GTI」の韻を踏むことで表現しているのだろう。

これに組み合わせられるミッションはエンジン+モーターの高トルクに対応する専用設計の6速DSG。無論、エンジンとモーターの駆動を制御する遮断クラッチも加わる。ゴルフGTEのバッテリー容量は8.7kW/hでEV走行時の最大航続距離は国交省審査値で53.1kmとなっている。ちなみに日本で最も売れているPHVといえばアウトランダーPHEVだが、こちらは60kW/82psのモーターを前後アクスルに2つ配し、12kWhのバッテリーを搭載。EV走行での最大航続距離はベースグレードで60.8kmとなる。

そして両車のハイブリッド走行時のJC08モード燃費はアウトランダーPHEV20.2km/L、ゴルフGTE23.8km/Lだ。アウトランダーPHEVは、全開加速などの限られた場面でエンジン出力を駆動側に回し、たいていの場面では黙々と発電にいそしむというシリーズハイブリッド的な走行モードを主とするわけだが、対するゴルフGTEはエンジン駆動の一般的なハイブリッド走行モードが主体だ。車重差や走行抵抗も勘案すれば概ね同等の効率を備えるように見えるが、走りのフィーリングは大きくなっている。

○150psの1.4L直4ターボエンジンと109psの電気モーターを組み合わせるゴルフGTE。8.7kWhの容量をもつパナソニック製のリチウムイオンバッテリーは後席下に設置され、トランク容量はノーマルのゴルフに比べ100L減の272Lとなっている。

【VWゴルフ主要諸元】

グレード ゴルフGTE ゴルフGTI
全長☓全幅☓全高(mm) 4265☓1800☓1480 4275☓1800☓1450
ホイールベース(mm) 2635 2645
車重(kg) 1580 1390
エンジン 直4DOHCターボ 直4DOHCターボ
排気量(cc) 1394 1984
エンジン最高出力(ps/rpm) 150/5000~6000 220/4500~6200
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 25.5/1500~3500 35.7/1500~4400
モーター最高出力(ps) 109
モーター最大トルク(kgm) 33.6
JC08モード燃費(km/L) 23.8 15.9
0→100km/h(秒) 7.6 6.5
最高速度(km/h) 222 246
価格 499万円 399万円(6直DSC)

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

VWゴルフ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました