ホンダ ステップワゴン、フィット、ヴェゼル 主力モデルはどうなる?

ホンダの主力モデルはどうなるのか。まずステップワゴンの動向だが、昨年5月にフルモデルチェンジしたものの、ライバルのノア&ヴォクシーに大きく水をあけられ、末期モデルのセレナともあまり差がない不人気ぶり。この打開策として年内にも1.5LHVを設定する。

屋台骨のフィットは今年9月にフロントマスクを一新、次のフルモデルチェンジは18年秋。さらに進化した1.5LHVと新開発の1L3気筒ターボを搭載する。この1L3気筒ターボエンジンは1.5L並の性能を発揮しながら、現行ハイブリッド車並の低燃費を実現する。1.5LHVは、現行の36.4km/Lから40.0km/Lオーバーを目指して開発を進めているはず。

販売好調なヴェゼルだが、この2月25日にも1.5LターボとHVのRSを追加設定し、17年のビッグマイナーチェンジを経た後、18年末にフルモデルチェンジする予定。

CR-Vは今年末にはフルモデルチェンジ。パワートレインはアコードと同じ2Lの2モーターHVが移植され、PHVも用意される。

最後にCR-Zの動向。次期CR-Zのプラットフォームは新型シビックシリーズと共通となり、ショートホイールベース化。パワートレインは1.5Lエンジン+7速DCTのハイブリッドが検討されており、トップモデルとしてシビックタイプRの2L直4ターボも搭載するという情報も入ってきている。

このほかトヨタプリウスのようなハイブリッド専用モデルの開発も進めており、今後の動向から目が離せない。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加