スポンサーリンク

クラウン 9月一杯は新旧両モデルの併売状態に

記事内に広告が含まれています。

クラウンは10月1日にマイナーチェンジしますが、従来モデルは8月末現在でもオーダーストップしておらず、引き続き見込み生産を継続しています。9月に入ると新型のオーダーも受け付けるため、9月いっぱいは新旧両モデルの併売状態になりそうです。アスリートは従来のV6、2.5Lに代わり2Lターボモデルとなりますが、ロイヤルは2.5lが継続となるので、従来モデルを35万円以上の大幅値引きでゲットした方がお得になりそうです。新型に切り替わると価格が5万円以上アップするうえに値引きは20万円以下に引き締められるため、実質的には高い買い物になりそうです。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

クラウントヨタ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました