セリカGT-FOUR復活もありか?

1月15日のオートサロン会場で今年の5月に開かれる第44回ニュルブルクリンク24時間耐久レースに参戦する3台のマシンがアナウンスされた。レクサスのRCとRC Fは順当だろうが、異色なのは、昨年のジュネーブ、フランクフルト、東京の各ショーに出展された、プリウスのプラットフォームを使ったSUV、CH-Rコンセプト。そのレーシング仕様で参戦するというものだった。

CH-Rはこの秋にも市販が予定され、その前にCH-Rのスポーツ性をアピールする狙いがあるわけだが、あるトヨタ関係者は、このCH-Rのスポーツモデルは、あるビッグネームの復活に使われる可能性がある、と語った。

CH-Rは車高も高く、都市型SUVとして、日産ジュークやホンダヴェゼルに対抗していくハイブリッドモデル。実質的にはRAV4の後継車だが、4WDシステムは新型プリウスと同じ、リアはモーターで駆動するE-FOUR。

日本向けにはFFの1.2Lターボも用意され、そのほかヨーロッパ向けにはコンベンショナルな1.2L、4WDも設定されるという。今回、ニュルブルクリンク24時間レースに出場するのは、このヨーロッパ市場に向けてスポーツ性の高さをアピールするのが本当の目的。

すなわち、ヨーロッパでトヨタのスポーツ4WDと言えば、WRC時代に活躍したセリカGT-FOURの知名度が高く、そうしたイメージを受け継ぐモデルとしてローダウンしたレーシング仕様のC-HRをレースに出す、ということなのだ。

CH-RはSUVだが、ボディを低くした新デザインのCH-RをセリカGT-FOURとして登場させればヨーロッパの車好きには受け入れやすい。もちろん、1.2Lターボ4WDでも1.8Lハイブリッドでもかまわないが、トヨタの前衛的なデザインのスポーツモデルであればセリカの名前はよく似合う。

もちろん、日本でも同じだろう。車高の高いSUVがCH-R、車高の低いスポーツクロスオーバーがセリカとして復活すれば、それは大きな武器になる。

価格的にも4WDスポーツで300万円強なら十分魅力的。C-HRの発表が秋だとすれば、その派生車ともいえるセリカGT-FOURは2年後程度が有力となる。

果たして、このCH-Rレーシングがどこまで発展するか未確認ながら、2020年までのトヨタの計画は大きく注目される。

スープラ、スポーツ800、セリカが86に続いて登場してくれば、若い人の車離れも車好きの不満も一気に解消されるに違いない。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加