スポンサーリンク

ホンダCR-Z 8月27日マイチェン

記事内に広告が含まれています。

ハイブリッドスポーツのCR-Zはハンドリング性能を向上させるマイチェンを実施した。インラインタイプのLEDヘッドライトの採用やデザインを一新したアルミホイールの採用と言ったいわゆるフェイスリフトは当然のこととして、走りに関わる改良をくわえてきたのがミソ。リアルトレッドを10mm拡大し、それに合わせてサスペンションはダンパーの減衰力、バネレートを最適化。これによりさらに安定感のあるハンドリング性能を実現しているという。またブレーキローターを15インチサイズに拡大しキャリパーピストン径の拡大、マスターパワーシリンダー径の拡大などでブレーキ性能も高めているのが嬉しい。また安全装置の充実が図られていて、30km/h以下で作動するシティブレーキアクティブシステムを設定した。価格はCVT、6MT同価格でαが270万円、αマスターレーベルが285万円。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

CR-Zホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました