スポンサーリンク

新型ホンダフリード 9月発表

スポーティなスパーダ、スパイク改めフリード+(プラス)をラインアップし、シエンタに逆襲を仕掛ける。

2008年5月発売から丸8年も売れ続けた人気モデル、フリードがいよいよ9月に新型に生まれ変わる。発売が遅れたのは、強力なライバル、シエンタの出現にある。

シエンタのハイブリッドモデルはアクアのシステムを使い、JC08モード燃費27.2km/Lを記録しているが、この数値を超えなければ、フリードの王座奪還は望めない。そのために時間をかけ、開発してきたのだ。

ホンダの1.5Lハイブリッドシステムはi-DCDと呼ばれ、7速デュアルクラッチにモーターを内蔵するのが特徴。エンジンとモーターの接続、切断を行い、走りの良さには定評がある。特にエンジンが直噴化され、エンジン単体で132psを発生するヴェゼルハイブリッドの評価は高い。

燃費を最優先にするならば、フィットハイブリッドやシャトルの直噴化されていないエンジン出力110ps仕様iという選択もあるが、ボディが大きく重いフリードでは、パワー不足となり、ホンダ車らしい走りは見込めない。

やはり直噴タイプの採用となるが、そのハイブリッドシステムは細かな点を改良したものになる。スペック的には変わらないが、回生能力がアップし実質的なEV走行距離を伸ばしてくる。

同時にフリードは軽量化が図られ、結果としてシエンタの27.2km/Lを超えるグレードが生まれる可能性は高い。また、シエンタのハイブリッドにはラインアップされない4WDモデルがあることも、フリードの強みとなる。

ハイブリッド以外では132psの直噴1.5Lガソリンが選べ、JC08モード燃費は20.0km/Lほどだ。乗車定員は現行同様5人、6人、7人が選べるが、5人乗りのフリードスパイクは新たにフリード+(プラス)に名前を変更して、アクティブなファンの取り込みを図る。さらにGエアロがステップワゴン同様、スパーダとなり、人気となるはずだ。

注目はi-DCDを搭載したハイブリッドモデルがシエンタのJC08モード燃費27.2km/Lを上回るかどうかということ。後出しじゃんけんで負けるわけにはいかないはず。

 

【広告】


新型フリード予想スペック

全長☓全幅☓全高(mm) 4300☓1695☓1750
ホイールベース(mm) 2750
エンジン 直4DOHC+モーター
排気量(cc) 1496
最高出力(ps/rpm) 132/6600
最大トルク(kgm/rpm) 15.9/4600
システム出力(ps) 152
JC08モード燃費(km/L) 27.4
価格 230万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

フリード ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました