スポンサーリンク

次期型CR-Vは国内投入を見送る方針

記事内に広告が含まれています。

ホンダは次期型CR-Vの国内投入を見送る方針のようです。現行モデルはオーダーストップして生産を打ち切り、在庫一掃セール中です。

★★毛のない頭で考えるな!無料相談受付中!★★
詳細はここをクリック→>>アイランドタワークリニック<<

次期型はグローバルでは年末にも一新し、北米を皮切りに各所で販売をスタートさせます。アッパーミドルクラス市場において、国内はニーズが先細り状態にあると判断し、コンパクトクラスのヴェゼルに肩代わりさせる方向です。次期型CR-Vは1.5Lダウンサイジングターボが中心となるためで、これだと国内では対抗できないとの判断があるようです。近い将来、ハイブリッド、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼルなどの搭載が可能になった段階で再投入することになると思われます。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ホンダ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました