2代目プリウスPHVは最高傑作か?

北米市場でプリウス・プライム(極上)のモデル名が与えられた2代目プリウスPHVは、先代でパッとしなかった販売を巻き返すベく、プリウスとは明確にエクステリアデザインを作り変え、一段上級のモデルという位置づけとしている。

ヘッドライトはプリウスが縦目なのに対し、カバーの形状こそ異なるが「ミライ」と同じ薄型の4灯式LEDを採用。Aピラーより前のボディパネルのすべて別物だ。リア回りも、横方向に伸びたテールランプの形状がこちらもプリウスの縦型とはまるで異なる特徴的な表情に仕上げられている。テールゲートには初めてカーボンファイバーが用いられていたが軽量化という大きな利点とともに細いフレームでも強度を保つことができるため、より後方視界が広がるという利点がもたらされた。

また中央をへこませた特徴的なリアガラスにもルーフからの流速がその部分で速くなることで風が吸い寄せられ、空気抵抗が減少する効果がある。

EV航続距離は先代の2倍以上の60kmと驚異的

ハイブリッドのパワーユニットは基本的に新型プリウスがベースで、98psを発揮する1.8L4気筒のアトキンソンサイクルエンジンと、72psと31psの2個のモーターがプラネタリーギヤを介して組み合わせるのだが、ノーマルプリウスや従来のPHVでは発電用として使われていた2個目のモーターとプラネタリーギヤの間に新たにワンウェイクラッチを組み込んだことで、両方のモーターを同時に走行用モーターとして使うことが可能となり、EVモードでの最高速度がこれまでの100km/hから135km/hにアップ。

走行用のリチウムイオンバッテリーも小型軽量化されただけでなく、さらに従来比約2倍の1.8kWhに大容量化。EVモードでの走行レンジは従来の26.4kmから2倍以上の60kmに伸びている。問題は価格だが320万円前後からであれば間違いなく大ヒットするだろう。

プリウスプライム主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4645☓1760☓1470
ホイールベース(mm) 2700
車内長☓室内幅☓室内高(mm) 2110☓1490☓1195
エンジン 直4DOHC、1797cc
エンジン最高出力(ps/rpm) 98/5200
エンジン最大トルク(kgm/rpm) 14.5/3600
モーター最高出力/
(駆動用/発電兼用)(ps/ps)
72/31
モーター最大トルク/
(駆動用/発電兼用)(kgm/kgm)
16.6/4.1
バッテリー リチウムイオン電池
EV走行距離 60km以上
ハイブリッドモード燃費 37.0km/L以上
日本での予想価格 320万円
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加