スポンサーリンク

シエンタ vs シエンタHV どっちが買いか

ハイブリッドの価格を装備差も補正して割り出すと、ノーマルエンジンよりも約35万円高い。減税額の違いを含めると約32万円に縮まる。それでもこの実質格差を燃料代の差額で取り戻すには、約16万kmも走る必要がある。1年間に1.5万kmを走っても10年以上だ。

シエンタの場合、ノーマルエンジンのJC08モード燃費が20.2km/Lと優れているので、ハイブリッドの27.2km/Lは、比率にすれば135%にとどまる。ハイブリッドのメリットが乏しい。

ハイブリッドは反応の素早いモーター駆動を併用するから、巡航時の緩い加速などがノーマルエンジンよりも滑らかだ。ノイズも抑えられて走りの質もより高いのだが、それを理由にハイブリッドを選ぶほどの魅力はない。

ボディが重く、旋回時における後輪の接地性が少し下がることなども考えるとノーマルエンジンを選びたい。

 

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

シエンタ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました