スポンサーリンク

アウディA4アバント 4月21日発売

ミッドサイズワゴンの「アウディA4アバント」がフルモデルチェンジした。

先に発表された新型アウディA4のセダン仕様同様、進化したモジュラープラットフォーム「MLBevo」をベースにゼロから再設計された。

新型は、外寸が若干大きくなっているにも関わらず、複合材料を多用することで、従来型に比べて最大120kgも重量を減少させている。

また、エアロダイナミクスの最適化にも注力しており、スポイラー機能を持たせたルーフ後端の処理などにより後輪リフトを抑制。ステーションワゴンとしては最高レベルのCd値0.26(欧州仕様値)を達成している。

安全対策の面では、アウディ独自の先進システムである「アウディプレセンス」の機能をさらに拡充することで、高い予防安全/病院保護を実現。全モデルに標準装備された「アダプティブクルーズコントロール」などのシステムに加え、渋滞時のドライバーの負担を軽減する新機能「トラフィックジャムアシスト」も導入されている。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

アウディ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました