今年の夏季セールはトヨタ、ホンダ、マツダ、ダイハツを中心に主軸モデルのマイナーチェンジを主役に展開

今年も6~7月の「夏季セール」がやってきました。今回の特徴はトヨタ、ホンダ、マツダ、ダイハツを中心にマイナーチェンジ、一部改良、追加モデルなどの新商品展開を目玉にしながら、サービスキャンペーンを展開しつつあることです。

5~7月のニューカー投入スケジュールではトヨタが6月6日にエスティマ、13日プレミオ/アリオン、30日はポルテ/スペイド、7月5日は86をそれぞれマイナーチェンジする他、7月6日はノア/ヴォクシーに特別仕様車を設定して販売するので、これらの展示発表会&試乗会で週末フェアを中心としたキャンペーンの盛り上げを図ります。ホンダは5月にステップワゴンの一部改良やアコードマイナーチェンジ、6月9日にはNワゴンの一部改良を行っているのでこれらが中心になります。マツダは7月4日にアクセラをマイナーチェンジするのでこちらがリード役を果たします。ダイハツは5月にウェイクの一部改良と6月13日にウェイクにバを追加するので、こちらが目玉になります。

このほか、この時期に新商品の投入予定がない日産は下取り車の程度によってオプションサービスをする「マイレージキャンペーン」、スズキは「試乗キャンペーン」で売り込みを強化する構えです。

エスティマやN-WGNが6月にマイナーチェンジするなど、この夏はマイナーチェンジによる新型者が続々登場。これらニューモデルが夏季セールの目玉になります。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加