スポンサーリンク

トヨタ、廃止モデル9車種を16年前半まで生産継続か?

記事内に広告が含まれています。

トヨタはこの12月から16年前半にかけて9車種ものモデルを廃止する見込みです。ただ11月末現在ではカローラルミオン以外はまだ販売を継続させています。オーダーを入れると納期は16年1月下旬から2月上旬です。

(生産中止予定の車種)
・ウィッシュ:2月上旬
・ラクティス:1月中旬
・アイシス:1月下旬
・iQ:2月下旬
・イスト:2月上旬
・bB:1月下旬
・FJクルーザー:1月下旬
・RAV4:1月中旬

このようになっていますが、まだ購入が可能です。販売店にはこれらモデルの廃止通達はされておらず、正式に公表されるのは16年に入ってからになりそうです。

今の愛車7年落ち下取り査定ゼロ・・・でも!
>>かんたん車査定ガイドなら高く売れます!<<

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

トピックトヨタ
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました