GT-R NISMO 2017モデル発表!国内販売は2016年8月予定

4月1日に横浜の日産グローバル本社で2017年モデルGT-Rがお披露目された際、NISMOについては「現在開発中」とされていたのだが、5月27日、24時間レースが開催されているドイツ、ニュルブルクリンクでGT-R NISMOの2017モデルが正式に発表された。

グリルやエンジンフードの形状が変更され、フロントマスクは標準モデルに準じたデザインに変更されている。カナード形状のバンパー下部リップスポイラーは波を打ったような形状となっているのが特徴的。フロントバンパーがCFRP製となっているのは2014モデルと同様だ。

エンジンについては2014モデルから大きな変更は加えられていないようで、欧州仕様として最高出力600ps/6800rpm、最大トルク66.5kgm/3600~5600rpmと発表された。

標準モデルはボディ剛性を大幅に向上させているが、これをベースに開発されたNISMOはさらにサスペンションチューニングをブラッシュアップし、これまで以上のハンドリング性能を手に入れているとのことだ。

  • ボディサイドから見るとカナード形状に変更されたフロントリップスポイラーからサイドシル下部→リアバンパー下部へとつながるスポイラー形状が変更されていることがよくわかる。インテリアはセンターパネルがCFRP製となるなど、NISMO専用。
  • エクステリアデザインは標準車2017モデルに準じた変更が加えられている。全長は4690mmで20mm短くなる。
  • インテリアも標準車に準じた変更が加えられる。センターコンソールはCFRP製。シートはレカロ製のカーボンバケットシートを採用する。
  • フロントリップスポイラーはカナード形状を採用し、強力なダウンフォースを発生する。サスペンションは「Bilstain Damp Toronic」により車両情報をフィードバックした高度な電子制御。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加