次期型プリウスPHVは10月26日にデビュー

トヨタは次期型プリウスPHVを10月26日に発表、発売します。新型のハイブリッド燃費は37km/Lで、フル充電後のEV走行距離が60km以上、EV最高速度135km/hで通常走行ではほとんどエンジンのかからない革新的なPHV技術を導入します。

モーターを駆動する二次バッテリーは軽量コンパクト高効率のリチウムイオン方式。自宅での充電は200Vに加え、工事不要な100Vも選べます。世界初のソーラー充電システムを設定し、急速充電にも対応しています。

リアシートは2人掛けでトータル4人乗り。ラゲッジスペースはプリウスより狭いが、ゴルフバッグが2個入るスペースを確保しています。

グレード構成はAプレミアムパッケージ、Aレザーパッケージ、A、Sナビパッケージ、Sの5タイプ。

車両本体価格は320万~420万円で、従来モデルに比べて平均で20万円程度引き下げ、プリウスに比べ約30万円高にとどめる設定となる見込みです。

これによって月販3000台以上の量販を目指す方針です。扱うのは全トヨタ系列店。全国約5000店舗に1台ずつの試乗車と展示車を配置して、9月上旬から事前予約の受付をスタートさせます。

Prius_phv_03

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加