ディーゼル車の燃費特性

ディーゼルエンジンの魅力は豊かなトルクにある。これは圧縮比がガソリンユニットに比べ高いためだ。圧縮比が高いと1回あたりの爆発力が大きくなるからだ。最新のディーゼルはターボを組み合わせてトルクアップを図っている。

愛車の燃費が悪いから燃費の良いディーゼルにしようと思ってる人へ。
愛車が7年落ちだとディーラーに下取り出しても査定額ゼロですよね?
そんな時は無料一括査定サイトのカービュー!
ディーラー下取り価格査定ゼロでも高く売れるかも!

詳細はこちら→>>あなたの愛車は今いくら?<<

ディーゼル車のメリット

ディーゼル車のメリットが最も生きるドライブシーンは、一定速度で走れる郊外道路や高速道路のクルージング。ディーゼル車は低回転域からトルクフルなため、ギア比が高めに設定されており高速走行時でもガソリン車と比較して低い回転数(燃料の消費量が少ない)で走行できる。

ディーゼルエンジンはトルクバンドが広いので、加速が必要となるシーンでも、アクセルペダルを少し踏みますだけで力強い加速が得られる。特にシフトダウンの必要性はない。ディーゼルエンジンはやさしいアクセル操作を心がけ、意識的に高いギアをキープすると良好な燃費が期待できる。そうした走行シーンではエンジン回転数が低いので、静粛性もハイレベル。ディーゼル特有のノイズが耳につくような心配は少ない。

●国産クリーンディーゼルエンジンのスペック

エンジン 最高出力/最大トルク JC08モード燃費
トヨタ ランクルプラドの直4、2.8Lターボ 177ps/45.9kgm 11.2~11.8km/L
マツダ デミオとCX-3の直4、1.5Lターボ 105ps/25.5kgm 30.0km/L(デミオ6MT車)
マツダ アクセラ、アテンザ、CX-5の直4、2.2Lターボ 175ps/42.8kgm 22.4km/L(アテンザ6MT車)
三菱デリカD:5の直4、2.3Lターボ 148ps/36.7kgm 13.6km/L
三菱パジェロの直4、3.2Lターボ 190ps/45.0kgm 10.0~10.4km/L

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加