ディーゼルの普及とテクノロジー

今ではディーゼル不毛の国と思われた日本ですら、ディーゼルが勢力を増しているわけだが、欧州でも2000年代初頭を迎えるまでは、ディーゼルが広く受け入れられているわけではなかった。

そもそも乗用ディーゼルの祖といえば、フォルクスワーゲンのゴルフディーゼル。70年代に登場し、「小型乗用車ディーゼルってありだよね?」という風潮を作り、これは「第一次ディーゼル革命」ともいえる出来事だった。

が、当時のゴルフディーゼルのエンジンは1.5LのNA。確かに燃費はいいけれど、音なども含め、それ以外の部分での優位性はほとんどなく、あまり広がらなかった。

そこに乗用ディーゼル車普及のブレークスルーを起こした二つのテクノロジーが「コモンレール直噴」と「ターボチャージャー」だ。

まず、コモンレール方式の実用化で、それまでの機械式の燃料噴射では実現できなかった燃焼の自由なアレンジが可能となり、例えば「ゆっくり燃料を燃やしてNOxを減らす」というような緻密な制御も可能になった。

そして、ターボチャージャー。もちろんターボ自体はすでに目新しい技術ではなかったけれど、ディーゼルエンジンと、より多くの空気を取り込めるターボを組み合わせることは、出力面でも有利。

こうしてコモンレール直噴+ターボという組み合わせを持って欧州で、「第二次ディーゼル革命」ともいえるディーゼルブームを迎えたのが2000年代初頭。

当時のディーゼルは、まだ高コストだったこともあり、主流は高級車が中心。ベンツEクラスやBMW5シリーズに採用されたV6やV8ディーゼルがその筆頭だった。

※3LのV6ディーゼルエンジンを採用したW211型のベンツE320CDI。最高出力は211ps、
最大トルクは55.1kgmというスペック。

【広告】


注目の日欧ミドルディーゼルSUV主要諸元

CX-5 XD
Lパッケージ
ジャガードF PACE 20d ピュア ボルボXC60 SE BMW X3 xdrive 20d
全長☓全幅☓全高(mm) 4540☓1840☓1705 4740☓1935☓1665 4645☓1890☓1715 4665☓1880☓1675
ホイール
ベース(mm)
2700 2875 2775 2810
車重(kg) 1640 1920 1800 1840
駆動方式 4WD 4WD FF 4WD
エンジン 2.2L直4
ディーゼルターボ
2L直4
ディーゼルターボ
2L直4
ディーゼルターボ
2L直4
ディーゼルターボ
最高出力(ps/rpm) 175/4500 180/4000 190/4250 184/4000
最大トルク(kgm/rpm) 42.8/2000 43.8/1750~2500 40.8/1750~2500 38.7/1750~2750
サスペンション(F/R) ストラット/
マルチリンク
ダブル
ウィッシュボーン/
インテグラル
リンク
ストラット/
マルチリンク
ストラット/
5リンク
JC08モード燃費(km/L) 18.0 15.8 18.6 18.6
エコカー減税(取得税/
重量税)
免税/免税 免税/免税 免税/免税 免税/免税
価格 348万8400円 639万円 599万円 627万円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加