コンパクトカーと軽自動車 買うならどれがいい?

パッソやムーブ以外にも100万円台前半で価格が重なっているコンパクトカーと軽自動車はいろいろある。その中でお勧めのコンパクトカーと軽自動車はこれだ!

軽自動車のボディはコンパクトカーよりも小さいが、車内の広さは逆転する。価格が140万円以下に収まるコンパクトカーの場合、大半の車種は背が低く、全高は1550mm以下だ。立体駐車場が使いやすい代わりに、後席や荷室の広い車種が少ない。

逆に軽自動車の多くは背が高く、後席が広い。コンパクトカーと軽自動車の選択はこの特徴を押さえて判断すると良い。

【広告】


コンパクトカー

まずはコンパクトカーだが、背の低いメリットを最も効果的に活用したのがデミオだ。低重心で走行安定性が優れ、操舵感も性格。後席と荷室は狭いが、走りの良さを低価格で味わうなら最良の選択になる。イグニスは取り回しの良さやスタイルが魅力。

実用性で選ぶならフィットだ。デミオに比べてスポーティ感覚は希薄だが、大人4名が快適に乗車できて、後席を畳むとボックス状の広い荷室になる。

価格は高機能な割に安い。それでも実用性はワゴンRなどを下回るが、エンジンの排気量は軽自動車の約2倍だから、走りを含めた機能のバランスは優れている。

軽自動車

次は軽自動車。全高が1600mmを超える車種が中心で、空間効率も高いために車内はコンパクトカーを圧倒するほど広い。

荷室の使い勝手と後席の居住性を重視するならN-BOXがベストだ。後席を床面へ落とし込むように畳むと大容量の荷室になり、床面地上高は、後席のスライドが非装着の仕様なら48cmと低い。自転車を積むときも、前輪を大きく持ち上げる必要がない。

タントは左側のピラー(柱)をドアに内蔵して、前後ともに開くと開口幅が1490mmに広がる。子供を抱えた状態でも乗り降りしやすい。

後席や荷室も優れた実用性と併せて、趣味性も大切に考えるならハスラーを検討したい。居住性とシートアレンジはワゴンRと同様に優れ、荷室の床などに防水加工を施した。実用性はコンパクトカーを上回り、外観はSUV風でかっこいい。

アルトは背の低い軽自動車だが、低燃費&低価格という軽自動車の価値を徹底的に追求した。JC08モード燃費は37km/Lでアクアと等しく、価格が102万円少々のSにも低速用の緊急自動ブレーキが備わる。抜群の買得車だ。

140万円以下から買えるコンパクトカー

車種 エンジン 価格
トヨタパッソ 1L直3 115万200円
ダイハツ・ブーン 1L直3 115万200円
トヨタヴィッツ 1L直3、1.2L直4 115万3637円
日産マーチ 1.2L直3 115万1280円
ホンダフィット 1.3L直4 129万9800円
マツダデミオ 1.3L直4 135万円
三菱ミラージュ 1L直3、1.2L直3 138万240円
スズキイグニス 1.2L直4 138万2400円
スズキスイフト 1.2L直4 131万6520円

2016年6月軽自動車販売トップ10

車種 台数(台) 価格
ホンダN-BOX 13,963 119万8000円
ダイハツタント 12,340 122万400円
ホンダN-WGN 8,060 109万円
スズキワゴンR 6,789 107万8920円
スズキハスラー 6,663 107万8920円
スズキスペーシア 6,299 127万4400円
ダイハツムーヴ 5,891 113万4000円
ダイハツミライース 5,415 76万6286円
スズキアルト 5,333 84万7800円
ダイハツキャスト 4731 122万400円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加