2017年6月7月はニューカーラッシュ!

今年の6から7月はニューカーラッシュの時期となる。フルモデルチェンジはカムリだけだが、シビックが復活して、そのタイプRも登場。そして、人気モデルが次々にマイナーチェンジして商品力を向上。

コンパクトクラスではアクアとフィット、SUVではハリアーとエクストレイルがマイナーチェンジ。

ハリアーには2Lターボが新設定され、エクストレイルはセレナに続くプロパイロットがオプション設定される。また、ノア/ヴォクシーが初めての本格的なマイナーチェンジとなり、レヴォーグも進化する。

【広告】


デビュー時期

6月

トヨタハリアー

ハリアーは6月にマイナーチェンジ。2L直噴ターボの追加設定がメインだが、予防安全装備のトヨタセーフティセンスの採用も大いにあり得る。廉価で人気のある2L NAは残され、これにターボと2.5Lハイブリッドのラインアップとなる。

日産エクストレイル

エクストレイルのマイナーチェンジはセレナで好評のプロパイロットがオプション設定されることと、内外装の大規模な変更、使い勝手の向上が主な内容。ヘッドランプは二眼タイプのLEDとなり、印象を大きく変える。ハイブリッドの実用燃費も向上。

スバルレヴォーグ

エクステリアにも手が入るマイナーチェンジとなる。アイサイトの進化バージョンが搭載される可能性も。

【広告】


7月

トヨタノア/ヴォクシー/エスクァイア(7月3日)

ハイブリッドに変更はないが、2Lガソリンは燃費向上。トヨタセーフティセンスCが標準に。

トヨタカムリ(7月10日)

新開発となるTNGA2.5Lダイナミックフォースエンジン用THSⅡを採用するハイブリッド専用車として登場する。

トヨタアクア(7月19日)

JC08モードが37km/Lから38km/Lに向上する他、内外装のデザイン変更も。X-アーバンはX-クロスオーバーに車名変更。

ホンダシビック(7月下旬)

1.5Lターボと2L NAエンジンのセダン&ハッチバックと2LターボのタイプRが登場する。

ホンダフィット(7月末)

フロントマスク変更の他「ホンダセンシング」新採用も。燃費向上の可能性もある。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加