ルノー・カングーゼンに仕様追加 1.2Lターボ+6速ECDが登場

「フランス車」と聞くと、何が頭に浮かぶだろうか。独特なタッチの足回り?案外元気なエンジン?簡素で割り切ったインテリア?全部ありそうだけど、一番大事なのはおしゃれなムードだと思う。

そういったフランス車らしさを全て兼ね備えているのがカングーだ。

荷物がたくさん積める、後席がスライドドア、しっかり走るといった基本性能だけでなく、パリの石畳やマルセイユの海岸線、ボルドーの田園風景を眺めながらトコトコと走るような、何とも言えないものがカングーにはある。

そうは言ってもこれまでカングーには、自慢の1.2L直噴ターボエンジンに2ペダルMTの設定が無かった。6MTを選ぶか1.6Lの4ATを組み合わせたモデルを選ぶしかなかったのだ。

そこに今回、ゲトラグ製EDC(エフィシェント・デュアル・クラッチ)、いわゆるツインクラッチの2ペダルMTと1.2l直噴ターボを組み合わせた仕様が追加された。

乗ってみると、なるほどこれが最高の組み合わせだと納得の仕上がり。やや大味だった走りがきっちりと日本の道に合うよう、フランス車のおしゃれ具合を残したまま生まれ変わっている。これがベストグレードです。

【広告】


ルノー・カングーゼンEDC 主要諸元

全長☓全幅☓全高(mm) 4280☓1830☓1810
ホイールベース(mm) 2700
エンジン 直列DOHC直噴ターボ
排気量(cc) 1197
最高出力(ps/rpm) 115/4500
最大トルク(kgm/rpm) 19.4/1750
車重(kg) 1450
トランスミッション 6速EDC
JC08モード燃費(km/L) 14.7
価格 259万円

※カングーの「ゼン」とはグレード名です。現在カングーの正規輸入モデルは、このゼンのみとなっています。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加