スポンサーリンク

新型ルノー・トゥインゴ発表

新型ルノー・トゥインゴが、RRレイアウトを採用し、近日中に発売する。スマートと共同開発された話題のモデルである。

3rdトゥインゴは2016年に日本で販売がスタートする。詳細な時期は未定だがインポーターは「できるだけ早いタイミングで発表したい」と説明する。新型はルノーとダイムラー共同プロジェクトの成果で、スマート(フォーフォー)とメカニズムや基本骨格が共通になる。新型はRRレイアウトで、日本仕様のパワーユニットは0.9Lの直列3気筒ターボ(90ps/13.7kgm)の予定。ボディタイプは実用性を重視した5ドアHB。リアドアノブはサッシュ部に配置。デザイン重視のスタイリング。ボディサイズは全長☓全幅☓全高3590☓1640☓1550mm。2ndモデルと比較して全長が100mm短くなり、室内長は130mm拡大。多彩なシートアレンジができ、2200mmの長尺物が積める。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

ルノー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました