アバルト124スパイダー登場!広島生まれのイタリア車

マツダロードスターとプラットフォームを共通にして誕生したアバルト124スパイダー。1.4Lを搭載するFRスポーツの登場でますます車が楽しくなってきた。

見ても乗っても「思ったよりロードスターとの違いが出ている!」注目のアバルト124スパイダーの第一印象は予想以上にサプライズ感がいっぱいだった。

実車を目の前にするとサイズ感がかなり違う。前後を絞り込んだロードスターに対し124スパイダーはどーんと一回り大きく見える。事情を知らなければシャシーが共通とは思えない。

エンジンはフィアットオリジナルの1.4Lターボ(170ps/25.5kgm)だが、スターターを回した瞬間から弾けるようなエキゾーストサウンド。

ロードスターでも標準1.5Lよりスポーティな音が演出されているけど、とてもそんなレベルではない。「これで騒音規制通ってるのか」と思うボリュームだ。

ターボだからパフォーマンス的にはNAのロードスターより明らかに速い。最大トルク25.5kgmはロードスターの1.6倍以上。

東名大井松田あたりの登りなんか、6速のままぐいぐい加速していく。今回はMTしか試していないが6ATだとこっちの方がダントツだろう。ただし加速「感」に関しては、ロードスターユーザーは心配しなくていい。

高速回転域までスッキリ抜けのいいスムーズな吹き上がり感は6000rpmあたりから頭打ちが始まるアバルト124スパイダーより洗練度では上。

ターボならではの豪快な加速感も魅力だが、ロードスターの研ぎ澄まされたようなピュアな走りもまたよしだ。

アバルト124スパイダーのドライブモードは絶対に「スポーツ」を選択しないと本来のパンチ感やきびきびしたレスポンスが味わえない。

ハンドリングについては、1.6倍のトルクを受け止めるべく、ボディの動きをしっかり規制。ロールもピッチもその挙動変化を抑え込む方向の味付けとなっている。

たとえば、ロードスターなら操舵した瞬間からロールが始まって、ヒラリと身を翻すようにコーナーに飛び込んでいく感覚だが、アバルト124スパイダーはグッとフロントが踏ん張って、まずノーズだけインに向く様な味付け。

ドリフトして遊びたい人なんかには、挙動変化の少ないアバルト124スパイダーの方が向いている。

いずれにしても、これだけキチンと2車が作り分けされている事実には、大いに感銘を受けた。安直なOEMではなく、まさに価値あるコラボレーション。

マイナーチェンジして洗練度を高めたトヨタ86/スバルBRZ共に新しいスモールFRスポーツの選択肢が増えた。

【広告】


FRスポーツ3台のスペック比較

グレード アバルト124
スパイダー
マツダロードスターRS トヨタ86GT
全長☓全幅☓全高(mm) 4060☓1740☓1240 3915☓1735☓1235 4240☓1775☓1320
ホイールベース(mm) 2310 2310 2570
車重(kg) 1130(1150) 1020 1240
エンジン 直4DOHCターボ 直4DOHC 水平対向直4DOHC
排気量(cc) 1368 1496 1998
最高出力(ps/rpm) 170/5500 131/7000 207/7000
最大トルク(kgm/rpm) 25.5/2500 15.3/4800 21.8/6400~6800
トランスミッション 6MT(6AT) 6MT 6MT
サスペンション(F/R) ダブルウィッシュボーン/マルチリンク ダブルウィッシュボーン/マルチリンク ストラット/
マルチリンク
タイヤサイズ 204/45R17 195/50R16 215/45R17
JC08モード燃費(km/L) 13.8(12.0) 17.2 11.8
価格 388万円
(399万6千円)
319万6800円 298万1880円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加