次期インプレッサは10月13日に発売、1.6L車は2017年2月発売

スバルは次期型インプレッサを10月13日に発表、2L車を同日から、1.6L車は来年2月に発売します。2Lハイブリッドは1年後に追加する見通しです。

次期型は新開発の「スバルグローバルプラットフォーム」を採用する第1弾で、ボディ剛性を40%アップしています。

5ドアスポーツのボディサイズは現行車比で、全長プラス45mm、全幅プラス35mm、全高マイナス10mmの安定したプロポーションとなり、ホイールベースは25mm延長されます。

ボディタイプは5ドアハッチバックのスポーツと4ドアセダンのG4を設定します。

エンジンは水平対向2L&1.6L NAのみでどちらも2WD、4WDを用意。全車に安全パッケージの「アイサイトバージョンⅢ」が標準装備されます。

車両本体価格は従来モデルに比べて5万~10万円程度アップする見込みです。9月から予約受注をスタートさせていて、9月から年末までの受注目標台数は1万1千台を計画しています。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加