スバルフォレスター、レヴォーグ、エクシーガ10月3日発売

スバルの特別仕様車3車種が10月3日に発売される。

スバルフォレスター「スタイルモダン」

「2.0i-Lアイサイト」をベースに、インテリアにはブルーグリーンステッチを施した専用ウルトラスエードシート採用。

エクステリアではサイドウィンドウなどにクロームモールも採用している。本格的なSUVとしての機能性と安全性に、都会的な内装のスタイリッシュさを加えた。

価格:280万8000円。

  • ベースモデルの「2.0i-Lアイサイト」と比較すると、価格は11万8800円アップとなっている。

スバルレヴォーグ 1.6GT アイサイト「スマートエディション」

BOXER(水平対向)エンジン搭載車「スバル1000」の発売から50周年を記念した特別仕様車「1.6GTアイサイト スマート エディション」を発売すると発表した。

この特別仕様車は「1.6GT アイサイト」をベースに、アドバンスドセーフティパッケージを標準装備。

エクステリアには専用17インチアルミホイールやブラックカラードドアミラーの他に、LEDヘッドランプ(ブラックベゼル)、ダークメッキ加飾+ブラック塗装フロントグリルを採用するなど、スポーティな内外装に仕上げられている。

価格:290万5200円

  • ベースモデルより12万9600円アップとなっている。

スバル エクシーガ クロスオーバー7「アクティブスタイル」

「2.5i アイサイト」をベースに専用の内外装を採用した特別仕様車。

内装にはチャコールグレーとタンカラーを組み合わせた専用撥水シートやリバーシブルカーゴフロアボードを採用、使い勝手を高めた。

外装には専用デザインの17インチアルミホイールなどを採用し、クロスオーバー7の持つアクティブなイメージをさらに向上させている。

価格:276万4800円

  • 装備内容に対して10,800円はお得感が強い。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加