スポンサーリンク

スバル XV/XVハイブリッド 大幅改良 より高い安全性を実現!

XVには、昨年11月に行われた改良ですでにアイサイトver3 の搭載や、ステアリングギア比15.5:1から14.0:1への変更(前述2点はガソリンモデルのみ)、さらにはサスペンションセッティングの最適化などが先行して投入されている。

今回の大幅改良では、ヘッドランプ内のコの字の発光部を延長し寺ホワイトバルブ化、さらにフロントグリルの形状変更、フロントバンパーにはL字型クロームメッキアクセントを採用するなど、よりスポーティなデザインへと変更している。

先進安全装備が充実

そして、先進安全装備では、アイサイトの前方検知にくわえ、レーザーシステムで後側方を検知するスバルリアビークルディテクション(後側方警戒支援機能)をメーカーオプションで設定、さらにサイドエアバッグやカーテンエアバッグはXV全車に標準装備となり、全方向の安全をサポートしてくれる。

高速周回路とハンドリング路で試乗したが、乗り心地はフォレスターと同じく、バルブの構造やオイルを変更し、初期の動き出しを改善、微小な振動も吸収できるように改良されたダンパーなどのお陰で、上質な印象を受けた。また、ステアリングギア比を変更、WRXのクロスメンバーを流用することで向上させた剛性の高さとの相乗効果で、以前のモデルと比較してハンドリング性能や操舵応答性などが大幅に向上、運転がより楽しい車になっていた。

XV/XVハイブリッド大幅改良のポイント

●フロントマスク、ガソリン車に17インチアルミホイールのデザインを採用。ボディカラーを変更
●インテリアの質感向上や、ガソリン車はオレンジ、ハイブリッド車はシルバーのステッチを施してキャラクターを強調したシートデザインの採用
●スバルリアビークルディテクションなど、アドバンスドセイフティーパッケージをメーカー装着オプションに設定
●SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車標準装備

XV主要諸元

グレード 2.0i-L EyeSight
全長☓全幅☓全高(mm) 4450☓1780☓1550
ホイールベース(mm) 2640
車重(kg) 1410
エンジン 2L、フラット4(NA)
最高出力(ps/rpm) 150/6200
最大トルク(kgm/rpm) 20.0/4200
トランスミッション リニアトロニック
サスペンション(F/R) ストラット/ダブルウィッシュボーン
タイヤサイズ(F/R) 225/55R17
JC08モード燃費(km/L) 16.2
エコカー減税(取得税/重量税) 40%/25%
価格 275万4000円

XV:2.0i:228万9000円、2.0i EyeSight:239万7600円

XV HYBRID:2.0i:257万400円、2.0i EyeSight:267万8400円、
2.0i-L EyeSight:286万2000円

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

スバル
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました