ホンダ 新型シビック タイプR 限定販売。受注予約スタート

新型シビックタイプRは「FF量産車世界最速」のリアルスポーツ。日本販売は750台限定(10月29日受注開始)になる。ホンダの英国工場で生産され、右ハンドル仕様が輸入される。

新型シビック、受注予約が始まりましたね。限定750台となるとすぐに売り切れるかもしれませんが。ところで、乗り換えるなら今の愛車を下取りに出すでしょうけど、概略の中古車相場だけでも確認しておいたほうがいいと思いますよ。ディーラーとの交渉で下取り査定額の目安になりますから。

そのためには、愛車を下取りに出す前に無料一括査定サイトで価格確認。
かんたん車査定ガイドならスグに概算価格が確認できて便利ですよ!

詳細はこちら→>>かんたん車査定ガイド<<

新型タイプRのトップスピードは270km/h

装備やスペックは欧州仕様。新型タイプRのトップスピードは270km/h(欧州仕様、以下同)で、0→100km/h加速は5.7秒でクリア。エンジンは新開発2L直噴DOHC 16Vターボである。ホンダ伝統のVETC機構に直噴技術とターボを組み合わせ、全域高性能を発揮。310ps/40.8kgmの出力/トルクを誇る。レプリミットは7000rpm、トランスミッションは6速MT。足回りは、路面や走行状況によって減衰力特性を自動的に変えるアダプティブダンパーシステムを搭載。ブレーキは前後ともブレンボ製で、フロントはディスク系350mmの4ピストンキャリパー仕様だ。タイヤは前後235/35R19サイズ。

新型は、インパネにあるボタンで「+R」モードを選択すると、エンジンのレスポンスやサスペンションのダンパー特性などが変更され、スポーツ度がアップする。スタイリングは、超高速域の安定性と高いダウンフォース性能を徹底追求。リアに大型ウィングスポイラー、リアバンパー下部にディフューザーを配置して空気整流効果を高めている。750台の限定販売台数は、ニュルブルクリンク北コースで記録した、7分50秒63に由来する。価格は6MT428万円。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

【広告】
【広告】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加