ホンダは来春SUVラインアップ強化、N-ONEは廃止か?

ホンダは来春、SUVのラインアップ強化で巻き返し

ホンダは18年3月にヴェゼルをマイナーチェンジ、5月に新型CR-Vを投入することでSUVラインナップを強化し、SUVの分野で増販攻勢を図る方針です。

ヴェゼルのマイナーチェンジの内容は内外装のデザイン変更、新グレード&ボディカラーの設定、安全パッケージ「ホンダセンシング」の進化バージョンの標準装備など。

CR-Vは、先に開催された東京モーターショーに参考出品したプロトタイプとほぼ同じ内容での市販化となります。

2列シート5人乗りの他、3列シート6~7人乗り仕様があり、パワーユニットは1.5Lターボ、2Lハイブリッドを設定します。

これによってライバル他社に劣勢だった、この分野での販売をの巻き返しを図る構えです。

N-ONEは次期型に引き継ぐかモデル廃止か?

ホンダは軽自動車「N-ONE」を12月下旬に一部改良します。

今回の改良ポイントは2トーンボディカラーの再編、全高(標準より6.5cm低い)の低いスポーティグレード「RS」の設定など小幅の手直しです。

最新の予防安全装備であるホンダセンシングなどの設定はせず、今回の改良で現行型の最終モデルになるといいます。

次期型を投入するのか、モデル廃止となるのかは明らかにしていません。

別の後継モデルを1年後に投入する可能性もあります。

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加