新型インプレッサ 9/1からの先行受注で約6000台!

新世代スバルグローバルプラットフォーム採用。1.6L車はVer.3、歩行者保護エアバッグ完備で200万円を切る!日本のCセグの水準を変える!スバルインプレッサ10月13日発表。

新型インプレッサの注目ポイント

  • 新世代スバル グローバル プラットフォーム採用で「クラスを超えた感動質感」実現
  • 全グレードに最新のアイサイトVer.3と国産車初となる歩行者保護エアバッグを標準装備化
  • FB型2Lエンジンを新たに直噴化

いよいよデビューした新型インプレッサ。9月からの先行受注台数は10月11日までに5883台。そのうち約半数が他社ユーザーからの乗り替えであることが判明しており、月間販売目標台数は2500台だから、その倍以上だ。

新型インプレッサの最大の目玉はなんといっても新規開発の「スバル グローバル プラットフォーム」採用による走りの質感の大幅向上だが、同じく注目したいのがスバルご自慢の安全装備。全グレードに最新のアイサイトVer.3と国産車初の歩行者保護エアバッグを標準装備。

2Lモデルは10月25日から発売開始となったが、1.6Lモデルは12月からの発売を予定している。価格は2Lモデルが216万~259万2000円なのに対し、1.6Lモデルは192万2400~213万8400円。

新たに直噴化された2Lに対し、1.6Lはポート噴射のままだが、先代型から10kgもの軽量化が実施されているのは2Lエンジンと同様だ。

では、どちらが「買い」か。1.6Lと2Lの価格差は23万6000円~45万3600円。先代型も1.6Lモデルの需要が多かったが、スバルにしてみれば、2グレード展開で発売時期を早くした上位の2Lモデルを多く売りたいのだろうが、1.6L車が気になるユーザーも多いはず。

先代型は1.6L車の場合、スターティングプライスが159万8400円とかなり安かったのだが、先代のFF車にはアイサイトが設定されていなかった。

4WDが必要なく、ベーシックなCセグモデルが欲しいユーザーには1.6Lモデルは十分購入を検討するに値するモデルだろう。

【広告】


スバルインプレッサスポーツ1.6i-Lアイサイト

全長☓全幅☓全高(mm) 4460☓1775☓1480
ホイールベース(mm) 2670
車重(kg) 1300(FF)/1360(AWD)
エンジン 水平対向4気筒DOHC
排気量(cc) 1599
最高出力(ps/rpm) 115/6200
最大トルク(kgm/rpm) 15.1/3600
トランスミッション リアトロニックCVT
JC08モード燃費(km/L) 18.2(FF)/17.0(AWD)
価格
192万2400円(FF)
213万8400円(AWD)

新型スバルインプレッサスポーツ&G4価格表

1.6i-Lアイサイト
FF 192万2400円 2016年末発売
AWD 213万8400円 2016年末発売
2.0i-Lアイサイト
FF 216万円 10月25日発売
AWD 237万6000円 10月25日発売
2.0i-Sアイサイト
FF 237万6000円 10月25日発売
AWD 259万2000円 10月25日発売
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加