スポンサーリンク

NEWインプレッサは次世代プラットフォームを採用し2016年末デビュー

以前にイメージスケッチでは公開されていた次期インプレッサのデザインスタディ「インプレッサ5ドアコンセプト」だが、東京モーターショーでついに実車を披露した。スバルは総合安全性能高めるために、次世代プラットフォーム「SGP(Subaru Global Platform)」を次世代から投入することを昨年公表していたのだが、そのプラットフォームを次期インプレッサから採用することも発表。来年末に新型インプレッサスポーツとしてフルモデルチェンジすることになる。

インプレッサがフルモデルチェンジ。乗り継ぐ人も多いでしょう。その時、今の愛車をディーラー下取りに出すと思いますが、その前に無料一括査定サイトで価格確認しませんか。

オススメは、データを入力するだけで営業電話が来る前に概略価格が分かるかんたん車査定ガイドです。目安が分かれば交渉もやりやすいし、ディーラー下取りよりも30万円高く売れたら浮いたお金でオプション追加できますよ!


概略価格がスグわかる→
>>かんたん車査定ガイド<<

全体の質感もひとクラスアップ

グッと張り出したフェンダーラインが特徴のデザインで、そのボディサイズは全長4400☓全幅1880☓全高1440mm、ホイールベースは2672mm。スバルは機能に裏付けられたカタチを具現化するといっているため実用性を重視し、市販時には全幅1760mm、全高1450mm程度になる可能性が高いが、今回のデザインテイストは活かされるというから注目だ。

パワーユニットについては公表されなかったが、現行型が採用している水平対向4気筒の1.6Lと2Lというラインナップは継続。このFB型エンジンをさらにブラッシュアップした改良型となり、燃費性能と動力性能の向上が図られる。プラットフォームの一新によって走りを始め全体の質感もひとクラスアップする事間違いない。

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
ナビクル車査定ならたった45秒の無料査定です。
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼

ナビクル車査定

 

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

インプレッサ スバル モーターショー
新車情報comをフォローする
新車情報com
タイトルとURLをコピーしました