BMW740e iパフォーマンス、BMW1シリーズ「セレブレーション・エディション・マイスタイル」

BMW740e iパフォーマンス:価格1169万~1240万円、10月13日受注開始

BMWのフラッグシップモデル「BMW7シリーズ」に「BMWi」の電気駆動技術「eDrive」を搭載した「新型BMW740i eパフォーマンス」が登場した。

9.2kWhの大容量リチウムイオンバッテリーを搭載する新世代ハイブリッドモデルで、2L直列4気筒BMWツインパワー・ターボエンジンに、8速ATを一体化させた高出力モーターを組み合わせ、システム・トータルの最高出力326ps、最大トルクは51.0kgmという高出力を発揮し、3Lターボエンジン車を上回る動力性能を実現している。

電気モーターのみでの走行の場合42km(JC08モード)までゼロエミッション走行が可能で(速度域は140km/hまで)、ブレーキや下り坂での運動エネルギー回収で、走行中でも100%までバッテリーを充電することもできる。自動車取得税・重量税が免税(100%減税)となる。

  • 走行モードは3つあり、「バッテリーコントロール」モードを使用することで、エンジンによる発電でバッテリーを100%に充電可能。
  • 充電ポートは助手席側フェンダーに設けられており、電気自動車充電用コンセントやBMW iウォールボックス・ピュアから充電(200V/15A)することで、約4時間で満充電となる。

【広告】


BMW 1シリーズ「セレブレーション・エディション・マイスタイル」:価格373万円、10月15日発売

BMW1シリーズに、特別限定モデル「セレブレーション・エディション・マイスタイル」が登場。400台限定で発売された。

ホワイト外装とブラック内装を組み合わせたモノトーンを基調に、クロームのアクセントが光る「シンプル・モダン」なスタイリングが特徴だ。

  • 新世代の直列3気筒BMWツインパワーターボエンジンを搭載した「BMW118i」をベースとしている。ベースに対して63万円高となっている。
【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加