新型MINIクロスオーバー発売予定

米国で開催されたロサンゼルスモーターショーで、MINIブランドの新型(2代目)MINIカントリーマン(日本名:MINIクロスオーバー)が公開された。

モデルラインアップは、

  • 138ps/22.4kgmを発揮する1.5L車3気筒ガソリンエンジンを搭載する「クーパー」
  • 195ps/28.6kgmを発揮する2L、4気筒ガソリンエンジン搭載の「クーパーS」
  • 152ps/33.7kgmを発揮する2Lディーゼルエンジン搭載の「クーパーD」
  • 193ps/40.8kgmを発揮する2Lディーゼルエンジン搭載の「クーパーSD」

さらに、システム総合で227ps/39.3kgmを発揮する3気筒ガソリンエンジン+モーターを搭載するプラグインハイブリッドモデル「クーパーSE ALL4」を用意。

新型は欧州市場において2017年2月に発売。欧州以外の世界市場には、2017年3月以降に順次投入される。

  • おなじみの「フローティングルーフ」やヘッドライト形状、六角形のグリルなどのデザインは受け継いでいる。
  • ラゲッジスペースは450L、後席を折りたたむと最大1309Lまで拡大する。ボディサイズ拡大に伴い、従来モデルよりも220L増加している。

【広告】


MINIクーパー ALL4カントリーマン(欧州仕様)

全長☓全幅☓全高(mm) 4229☓1822☓1557
ホイールベース(mm) 2670
エンジン 直3直噴ターボ
排気量(cc) 1499
最高出力(ps) 138
最大トルク(kgm) 22.4
価格 2万3555ポンド(約300万円)

【広告】
【広告】

【コーヒーブレイク】

新車を買う時、値引きと同じくらい重要なのが下取り価格。
いくら値引きを頑張っても、下取り価格が安ければ、何にもなりません。
特に、7年落ちになると、ディーラーでの査定価格はほぼゼロです。

しかし、中古車販売店での査定価格は違います。
車種によっては驚くほど高価に買い取ってくれる場合があります。
そんなこと、ディーラーは百も承知ですが、業界のルールとして7年落ちはゼロ査定なんです。車種によっては30万円以上の差が出るというのに・・・

だから、事前にネットで査定しておくべきです!
かんたん車査定ガイドならたった32秒の無料査定です。
しかも、営業電話が来る前に概略価格が分かるんです!
これをやるかやらないかで30万円変わると思うと。。。

▼ここをクリック▼
かんたん車査定ガイド

 


かんたん車査定ガイド

この記事があなたのお役に立てれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加